7/10(火)~8/5(日)

《国立映画アーカイブ開館記念 日本におけるロシア年2018 ロシア・ソビエト映画祭》

公式サイト

場所     東京国立近代美術館フィルムセンター


7月10日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「アレクサンドル・ネフスキー」
監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
監督
ドミトリー・ワシリエフ
    出演
    • ニコライ・チェルカーソフ
    • ニコライ・T・オフロプコフ
    • アレクサンドル・L・アブリコソフ
    • ニコライ・アルスキー
    • ヴァルヴァーラ・マッサリチノワ
    • ヴェラ・イワシェワ
    • アンナ・ダニロワ
    • ウラジミール・イルシコフ
    • セルゲイ・ビリニーコフ
    • イワン・ラグーチン
    • レフ・フィニン
    • ナウム・ ロゴージン
    解説
    十三世紀のロシアに実在した名将アレクサンドル・ネフスキーが、西方から侵入したゲルマン軍をうちやぶって祖国の危機を救ったという故事を、製作当時西側からソビエトに重圧を加えていたナチをゲルマンになぞらえて描いたともいわれる歴史映画。『戦艦ポチョムキン』のセルゲイ・M・エイゼンシュテインが『ベルリン陥落』のピョートル・A・パブレンコと共同で...続きを読む
    ストーリー
    広大な国土と豊富な資源に恵まれているロシアは、東方からは蒙古、西方からは北欧諸民族の征服の野望の的となっていた。一二四〇年、スウェーデン軍はロシア侵攻を開始したが、ノブゴロド公アレクサンドル・ヤロスラーウィッチ(ニコライ・チェルカーソフ)は、ネバ河畔に敵の大群を迎え撃ち、激戦の後にこれを粉砕して祖国防衛の勇名を内外に轟かせたので...続きを読む

108分
6:30 PM
長瀬記念ホール OZU
*ゲストによる舞台挨拶あり
「アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語」

138分


7月11日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「誓いの休暇」
監督
グリゴーリ・チュフライ
    出演
    • ウラジミール・イワショフ
    • ジャンナ・プロホレンコ
    • アントニーナ・マクシーモア
    • ニコライ・クリューチコフ
    • Evgeni Urbanski
    解説
    一兵士の帰郷を軸に、戦争反対をうたいあげた作品。『女狙撃兵 マリュートカ』の新進グリゴーリ・チュフライが監督した。脚本は彼とその友人ワレンチン・イェジョフの共同。撮影もウラジミール・ニコラエフとエラ・サベリエフの二人。音楽はミハイル・ジフ。出演はともに映画初出演のウラジミール・イワショフ、ジャンナ・プロホレンコなど。一九六〇年カンヌ映...続きを読む
    ストーリー
    白い一本道のどこまでも続く野原に黒いスカーフをかぶった母親が立っている。彼女の息子アリョーシャは、この道を通って戦争に行ったまま帰らなかった。--ナチスがロシアに攻めこみ、戦争がもっとも苦しかった頃。一七歳の少年兵アリョーシャ(ウラジミール・イワショフ)は、二台の戦車を炎上させて英雄となり、特別休暇をあたえられた。が、彼は決して...続きを読む

87分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
*ゲストによる舞台挨拶あり
「マチルダ」

107分


7月12日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「最後の夜」

96分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「僕の村は戦場だった」
監督
アンドレイ・タルコフスキー
    出演
    • バレンティン・ズブコフ
    • S・クルイロフ
    • N. Grinyko
    • V. Maryavina
    • I. Tarkovskaya
    • D. Milyucheko
    解説
    ウラジミール・ボゴモーロフの短篇小説“イワン”を、彼自身とミハイル・パパワが脚色した戦争詩。監督は国立映画大学出身のアンドレイ・タルコフスキー、撮影はワジーム・ユーソフ、音楽をV・オフチニコフが担当。出演者はコーリヤ・ブルリヤーエフ少年、ズブコフ、E・ジャリコフ、S・クルイロフ。A・T・G系第五回上映作品。
    ストーリー
    イワン(コーリヤ・ブルリヤーエフ)がいまも夢にみた美しい故郷の村は戦火に踏みにじられ、母親は行方不明、国境警備隊員だった父親も戦死してしまった。一人とり残された十二歳のイワンが、危険を冒して敵陣に潜入し少年斥候として友軍に協力しているのも、自分の肉親を奪ったナチ・ドイツ軍への憎悪からであった。司令部のグリヤズノフ中佐、ホーリン大...続きを読む

95分


7月13日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「マクシムの青春」

96分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「マクシムの帰還」

104分


7月14日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「政府委員」

103分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「人間の運命」
監督
セルゲイ・ボンダルチュク
    出演
    • セルゲイ・ボンダルチュク
    • ジナイダ・キリエンコ
    • パーヴェル・ボリスキン
    • Yevgeni Tetterin
    • Y. Averin
    • K. Alexeyev
    • P. Volkov
    解説
    『オセロ(1955)』でオセロ役を演じたセルゲイ・ボンダルチュクの第一回監督作品。ミハイル・ショーロホフの同名小説をY・ルキンとF・サヤフマゴノフが共同で脚色、撮影はウラジミール・モナホフ、音楽をヴェニアミン・バスネルが担当。出演は監督のセルゲイ・ボンダルチュク自身、『静かなるドン』のジナイーダ・キリエンコ、ほかにユリ・アウエリン、パーヴェ...続きを読む
    ストーリー
    アンドレイ・ソコロフ(セルゲイ・ボンダルチュク)は一九〇〇年にドン河の畔ヴォロネジに生れた。若くして革命に加わり、一九二二年の飢饉で家族を失い天涯孤独になった。苦しい青春時代、大工をしながら同じ境遇の娘イリーナ(ジナイーダ・キリエンコ)と結婚した。貧しくも幸福な家庭に長男アナトリー、二人の娘オレンカとナステンカが生れた。第二次大...続きを読む

101分


7月15日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「イワン雷帝 第1部」

99分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「イワン雷帝 第2部」

85分


7月16日


7月17日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「鶴は翔んでゆく」

96分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「復活 前篇」

99分


7月18日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「娘たち」

96分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「復活 後篇」

107分


7月19日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「ユーリー・ノルシュテイン選集」

計80分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「五つの夜に」
監督
ニキータ・ミハルコフ
    出演
    • リュドミラ・グルチェンコ
    • スタニスラフ・リュブシン
    • ワレンティナ・テリーチキナ
    • L・クズネツォーワ
    • アレクサンドル・アダバシャン
    解説
    戦争で引き裂かれた男女が17年ぶりに再会、愛を取り戻すまでを5夜のエピソードで描く。監督は『ヴァーリャ! 愛の素顔』のニキータ・ミハルコフ、アレクサンドル・ボロージンの原作を基にアレクサンドル・アダバシャンとミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はM・ブランク、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキン...続きを読む
    ストーリー
    1950年代後半のモスクワ。スターリンの死後はじまった“雪どけ”の時期。市民生活に明るさと豊かさがみなぎり出していた。アレクサンドル・イリーン(スタニスラフ・リュブシン)は、休暇でモスクワに来て、ガールフレンドで食糧品店に勤めるゾーヤ(ワレンティナ・テリーチキナ)のアパートに来た。ゾーヤは彼に気があり、彼にホテルから自分のアパートに移...続きを読む

102分


7月20日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「未来への伝言」
監督
アレクサンドル・ミッタ
    出演
    • 栗原小巻
    • レオニード・フィラートフ
    • 久米明
    • 内藤武敏
    • 渡辺剛
    • 小笠原良智
    • 小林哲子
    • ウラジーミル・イリイン
    • アンドレイ・ハリトーノフ
    • てらそままさき
    • 松沢倫子
    解説
    1960年前後に世界中で猛威をふるったポリオ(小児マヒ)から子供達の生命を救うためにソ連の生ワクチンを入手しようと運動した母親たちの姿を描く。脚本・監督は『モスクワわが愛』のアレクサンドル・ミッタ。共同脚本は岩間芳樹、ビクトル・メレシコ、ウラジーミル・ソヴエートフ。撮影はワレーリー・シュヴァーロフがそれぞれ担当。日本=ソ連合作。
    ストーリー
    ポリオが日本を襲った1960年頃、圭子は夫を失っていた上に長男をその病気のために死なせてしまう。日本には最も効果のある生ワクチンがなく、その生産はソ連で行われていた。これを知った圭子は、やはりポリオにかかった次男の賢司を連れてモスクワに行き、生ワクチンの研究をしているグーセフ博士に会って直接投与してもらう。しかし余分にもらった生ワク...続きを読む

111分
6:30 PM
長瀬記念ホール OZU
「フルスタリョフ、車を!」
監督
アレクセイ・ゲルマン
    出演
    • ユーリー・アレクセーヴィチ・ツリロ
    • ニーナ・ルスラーノワ
    • ミーシャ・デメンティエフ
    • アレクサンドル・バシロフ
    • ユーリ・ヤルベット
    解説
    スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々の姿を強烈なタッチで活写した群像劇。監督・脚本は『わが友イワン・ラプシン』のアレクセイ・ゲルマン。撮影はウラジーミル・イリネ。音楽はアンドレイ・ペトロフ。出演は『わが友イワン・ラプシン』のニーナ・ルスラノヴァ、ユーリー・ツリロほか。
    ストーリー
    1953年、スターリン政権下ソビエトでは不穏な空気が立ちこめていた。モスクワの大病院の脳外科医にして赤軍の将軍でもあるクレンスキー(ユーリー・ツリロ)は、病院と家庭と、愛人のところを行き来する毎日を送っている。そんななか、スターリンの指示の元、KGBはユダヤ人医師の迫害計画である『医師団陰謀事件』を発動する。事態を察したクレンスキー...続きを読む

142分 → 146分


7月21日
11:00 AM 開館
12:30 PM
長瀬記念ホール OZU
「ホヴァンシチナ」

124分 → 131分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「アンナ・パブロワ」
監督
エミーリ・ロチャヌー
    出演
    • ガリーナ・ベリャーエワ
    • ジェームズ・フォックス
    • セルゲイ・シャクーロフ
    • フセヴォロド・ラリオーノフ
    • リーナ・ボウルタコヴァ
    • グルジオ・ディミトリオウ
    • イワン・シカラ
    • ピョートル・グーセフ
    • マーティン・スコセッシ
    • アルキス・クリティコス
    解説
    ロシアの生んだ偉大なバレリーナ、アンナ・パブロワの愛と情熱の生涯を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはフリクソス・コンスタンチン。監督は『ジプシーは空にきえる』のエミーリ・ロチャヌー。撮影はエフゲニー・グズリンスキー、音楽はユージーヌ・ドガ、美術はボリス・ブランク、編集はL・カラチコーワ、E・ガルキナ、J・コノック、バレエ監修はP...続きを読む
    ストーリー
    帝政ロシアの首都セント・ぺテルブルグ。貧しい家の娘アンナは、母からクリスマスプレゼントとして切符をもらいバレエ『眠れる森の美女』を見て、目を見張った。それ以来、アンナの脳裏には、プリマドンナたちの美しい姿がやきつき離れなかった。バレエ学校の練習はきつく、体の弱いアンナには苛酷だったが、当代随一の振り付け師マリウス(P・グーセフ)...続きを読む

134分


7月22日
11:00 AM 開館
12:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「転校生レナ」
監督
ロラン・ブイコフ
    出演
    • ユーリー・ニクーリン
    • エレーナ・サナエワ
    解説
    クラスメイトから裏切り者といじめられる転校生の少女の悲しみと勇気を描く社会派ドラマ。監督はローラン・ブイコフ。ウラジミール・ジェレズニコフの原作を基に、脚本はジェレズニコフとブィコフの共同、撮影はアナトリー・ムカセイ、音楽はソフィア・グバイドゥーリナが担当。出演はクリスティーナ・オルバカイテ、ユーリー・ニクーリンほか。
    ストーリー
    モスクワから祖父の住む地方の小都市に転校してきた13歳の少女レナ(クリスティーナ・オルバカイテ)は、ある日クラスメイトからいじめられているところを祖父(ユーリー・ニクーリン)に助けられ、彼にすべてを打ち明ける決心をする--。転校したその日、レナは“かかし”というあた名を付けられ、退役軍人で、絵の収集をしている祖父のことをからかわれな...続きを読む

125分
3:30 PM
長瀬記念ホール OZU
「令嬢ターニャ」
監督
ピョートル・トドロフスキー
    出演
    • エレーナ・ヤーコヴレヴァ
    • トーマス・ラウスティオラ
    • ラリサ・マレバンナヤ
    • アナスタシア・ネモリャーエワ
    • Lyubof Polushchuk
    • Marfinsh Vilsons
    • Tatyana Agafonova
    解説
    昼は看護婦、夜は娼婦の二つの顔を持つ女が、結婚して移住した異郷の地で人生の真実に立ち向う姿を描いたドラマ。製作はアンデシュ・ビルケランドとウィリアム・アルドリッチ、監督は『メインストリートをオーケストラ付きで』('87・未)のピョートル・トドロフスキーで、自ら音楽も担当した。原作者のウラジミール・クーニンが脚本も兼ね、撮影はヴァレー...続きを読む
    ストーリー
    レニングラードで看護婦をしているターニャ(エレーナ・ヤーコヴレヴァ)は夜は娼婦という別の顔を持っていた。もちろんそのことを老いた母、アッラ(ラリーサ・マレヴァンナヤ)は知るよしもない。ある時、ターニャは客の一人であるスウェーデン人の技師、エドワルド・ラルソン(トーマス・ラウスティオラ)から、全てを承知の上で、という熱烈な求婚を受...続きを読む

149分


7月24日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「政府委員」

103分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「誓いの休暇」
監督
グリゴーリ・チュフライ
    出演
    • ウラジミール・イワショフ
    • ジャンナ・プロホレンコ
    • アントニーナ・マクシーモア
    • ニコライ・クリューチコフ
    • Evgeni Urbanski
    解説
    一兵士の帰郷を軸に、戦争反対をうたいあげた作品。『女狙撃兵 マリュートカ』の新進グリゴーリ・チュフライが監督した。脚本は彼とその友人ワレンチン・イェジョフの共同。撮影もウラジミール・ニコラエフとエラ・サベリエフの二人。音楽はミハイル・ジフ。出演はともに映画初出演のウラジミール・イワショフ、ジャンナ・プロホレンコなど。一九六〇年カンヌ映...続きを読む
    ストーリー
    白い一本道のどこまでも続く野原に黒いスカーフをかぶった母親が立っている。彼女の息子アリョーシャは、この道を通って戦争に行ったまま帰らなかった。--ナチスがロシアに攻めこみ、戦争がもっとも苦しかった頃。一七歳の少年兵アリョーシャ(ウラジミール・イワショフ)は、二台の戦車を炎上させて英雄となり、特別休暇をあたえられた。が、彼は決して...続きを読む

87分


7月25日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「僕の村は戦場だった」
監督
アンドレイ・タルコフスキー
    出演
    • バレンティン・ズブコフ
    • S・クルイロフ
    • N. Grinyko
    • V. Maryavina
    • I. Tarkovskaya
    • D. Milyucheko
    解説
    ウラジミール・ボゴモーロフの短篇小説“イワン”を、彼自身とミハイル・パパワが脚色した戦争詩。監督は国立映画大学出身のアンドレイ・タルコフスキー、撮影はワジーム・ユーソフ、音楽をV・オフチニコフが担当。出演者はコーリヤ・ブルリヤーエフ少年、ズブコフ、E・ジャリコフ、S・クルイロフ。A・T・G系第五回上映作品。
    ストーリー
    イワン(コーリヤ・ブルリヤーエフ)がいまも夢にみた美しい故郷の村は戦火に踏みにじられ、母親は行方不明、国境警備隊員だった父親も戦死してしまった。一人とり残された十二歳のイワンが、危険を冒して敵陣に潜入し少年斥候として友軍に協力しているのも、自分の肉親を奪ったナチ・ドイツ軍への憎悪からであった。司令部のグリヤズノフ中佐、ホーリン大...続きを読む

95分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「マクシムの青春」

96分


7月26日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「人間の運命」
監督
セルゲイ・ボンダルチュク
    出演
    • セルゲイ・ボンダルチュク
    • ジナイダ・キリエンコ
    • パーヴェル・ボリスキン
    • Yevgeni Tetterin
    • Y. Averin
    • K. Alexeyev
    • P. Volkov
    解説
    『オセロ(1955)』でオセロ役を演じたセルゲイ・ボンダルチュクの第一回監督作品。ミハイル・ショーロホフの同名小説をY・ルキンとF・サヤフマゴノフが共同で脚色、撮影はウラジミール・モナホフ、音楽をヴェニアミン・バスネルが担当。出演は監督のセルゲイ・ボンダルチュク自身、『静かなるドン』のジナイーダ・キリエンコ、ほかにユリ・アウエリン、パーヴェ...続きを読む
    ストーリー
    アンドレイ・ソコロフ(セルゲイ・ボンダルチュク)は一九〇〇年にドン河の畔ヴォロネジに生れた。若くして革命に加わり、一九二二年の飢饉で家族を失い天涯孤独になった。苦しい青春時代、大工をしながら同じ境遇の娘イリーナ(ジナイーダ・キリエンコ)と結婚した。貧しくも幸福な家庭に長男アナトリー、二人の娘オレンカとナステンカが生れた。第二次大...続きを読む

101分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「マクシムの帰還」

104分


7月27日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「五つの夜に」
監督
ニキータ・ミハルコフ
    出演
    • リュドミラ・グルチェンコ
    • スタニスラフ・リュブシン
    • ワレンティナ・テリーチキナ
    • L・クズネツォーワ
    • アレクサンドル・アダバシャン
    解説
    戦争で引き裂かれた男女が17年ぶりに再会、愛を取り戻すまでを5夜のエピソードで描く。監督は『ヴァーリャ! 愛の素顔』のニキータ・ミハルコフ、アレクサンドル・ボロージンの原作を基にアレクサンドル・アダバシャンとミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はM・ブランク、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキン...続きを読む
    ストーリー
    1950年代後半のモスクワ。スターリンの死後はじまった“雪どけ”の時期。市民生活に明るさと豊かさがみなぎり出していた。アレクサンドル・イリーン(スタニスラフ・リュブシン)は、休暇でモスクワに来て、ガールフレンドで食糧品店に勤めるゾーヤ(ワレンティナ・テリーチキナ)のアパートに来た。ゾーヤは彼に気があり、彼にホテルから自分のアパートに移...続きを読む

102分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「アレクサンドル・ネフスキー」
監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
監督
ドミトリー・ワシリエフ
    出演
    • ニコライ・チェルカーソフ
    • ニコライ・T・オフロプコフ
    • アレクサンドル・L・アブリコソフ
    • ニコライ・アルスキー
    • ヴァルヴァーラ・マッサリチノワ
    • ヴェラ・イワシェワ
    • アンナ・ダニロワ
    • ウラジミール・イルシコフ
    • セルゲイ・ビリニーコフ
    • イワン・ラグーチン
    • レフ・フィニン
    • ナウム・ ロゴージン
    解説
    十三世紀のロシアに実在した名将アレクサンドル・ネフスキーが、西方から侵入したゲルマン軍をうちやぶって祖国の危機を救ったという故事を、製作当時西側からソビエトに重圧を加えていたナチをゲルマンになぞらえて描いたともいわれる歴史映画。『戦艦ポチョムキン』のセルゲイ・M・エイゼンシュテインが『ベルリン陥落』のピョートル・A・パブレンコと共同で...続きを読む
    ストーリー
    広大な国土と豊富な資源に恵まれているロシアは、東方からは蒙古、西方からは北欧諸民族の征服の野望の的となっていた。一二四〇年、スウェーデン軍はロシア侵攻を開始したが、ノブゴロド公アレクサンドル・ヤロスラーウィッチ(ニコライ・チェルカーソフ)は、ネバ河畔に敵の大群を迎え撃ち、激戦の後にこれを粉砕して祖国防衛の勇名を内外に轟かせたので...続きを読む

108分


7月28日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「娘たち」

96分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「最後の夜」

96分


7月29日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「復活 前篇」

99分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「復活 後篇」

107分


7月31日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「イワン雷帝 第1部」

99分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「イワン雷帝 第2部」

85分


7月1日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「アンナ・パブロワ」
監督
エミーリ・ロチャヌー
    出演
    • ガリーナ・ベリャーエワ
    • ジェームズ・フォックス
    • セルゲイ・シャクーロフ
    • フセヴォロド・ラリオーノフ
    • リーナ・ボウルタコヴァ
    • グルジオ・ディミトリオウ
    • イワン・シカラ
    • ピョートル・グーセフ
    • マーティン・スコセッシ
    • アルキス・クリティコス
    解説
    ロシアの生んだ偉大なバレリーナ、アンナ・パブロワの愛と情熱の生涯を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはフリクソス・コンスタンチン。監督は『ジプシーは空にきえる』のエミーリ・ロチャヌー。撮影はエフゲニー・グズリンスキー、音楽はユージーヌ・ドガ、美術はボリス・ブランク、編集はL・カラチコーワ、E・ガルキナ、J・コノック、バレエ監修はP...続きを読む
    ストーリー
    帝政ロシアの首都セント・ぺテルブルグ。貧しい家の娘アンナは、母からクリスマスプレゼントとして切符をもらいバレエ『眠れる森の美女』を見て、目を見張った。それ以来、アンナの脳裏には、プリマドンナたちの美しい姿がやきつき離れなかった。バレエ学校の練習はきつく、体の弱いアンナには苛酷だったが、当代随一の振り付け師マリウス(P・グーセフ)...続きを読む

134分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「未来への伝言」
監督
アレクサンドル・ミッタ
    出演
    • 栗原小巻
    • レオニード・フィラートフ
    • 久米明
    • 内藤武敏
    • 渡辺剛
    • 小笠原良智
    • 小林哲子
    • ウラジーミル・イリイン
    • アンドレイ・ハリトーノフ
    • てらそままさき
    • 松沢倫子
    解説
    1960年前後に世界中で猛威をふるったポリオ(小児マヒ)から子供達の生命を救うためにソ連の生ワクチンを入手しようと運動した母親たちの姿を描く。脚本・監督は『モスクワわが愛』のアレクサンドル・ミッタ。共同脚本は岩間芳樹、ビクトル・メレシコ、ウラジーミル・ソヴエートフ。撮影はワレーリー・シュヴァーロフがそれぞれ担当。日本=ソ連合作。
    ストーリー
    ポリオが日本を襲った1960年頃、圭子は夫を失っていた上に長男をその病気のために死なせてしまう。日本には最も効果のある生ワクチンがなく、その生産はソ連で行われていた。これを知った圭子は、やはりポリオにかかった次男の賢司を連れてモスクワに行き、生ワクチンの研究をしているグーセフ博士に会って直接投与してもらう。しかし余分にもらった生ワク...続きを読む

111分


7月2日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「転校生レナ」
監督
ロラン・ブイコフ
    出演
    • ユーリー・ニクーリン
    • エレーナ・サナエワ
    解説
    クラスメイトから裏切り者といじめられる転校生の少女の悲しみと勇気を描く社会派ドラマ。監督はローラン・ブイコフ。ウラジミール・ジェレズニコフの原作を基に、脚本はジェレズニコフとブィコフの共同、撮影はアナトリー・ムカセイ、音楽はソフィア・グバイドゥーリナが担当。出演はクリスティーナ・オルバカイテ、ユーリー・ニクーリンほか。
    ストーリー
    モスクワから祖父の住む地方の小都市に転校してきた13歳の少女レナ(クリスティーナ・オルバカイテ)は、ある日クラスメイトからいじめられているところを祖父(ユーリー・ニクーリン)に助けられ、彼にすべてを打ち明ける決心をする--。転校したその日、レナは“かかし”というあた名を付けられ、退役軍人で、絵の収集をしている祖父のことをからかわれな...続きを読む

125分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「鶴は翔んでゆく」

96分


7月3日
11:00 AM 開館
3:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「令嬢ターニャ」
監督
ピョートル・トドロフスキー
    出演
    • エレーナ・ヤーコヴレヴァ
    • トーマス・ラウスティオラ
    • ラリサ・マレバンナヤ
    • アナスタシア・ネモリャーエワ
    • Lyubof Polushchuk
    • Marfinsh Vilsons
    • Tatyana Agafonova
    解説
    昼は看護婦、夜は娼婦の二つの顔を持つ女が、結婚して移住した異郷の地で人生の真実に立ち向う姿を描いたドラマ。製作はアンデシュ・ビルケランドとウィリアム・アルドリッチ、監督は『メインストリートをオーケストラ付きで』('87・未)のピョートル・トドロフスキーで、自ら音楽も担当した。原作者のウラジミール・クーニンが脚本も兼ね、撮影はヴァレー...続きを読む
    ストーリー
    レニングラードで看護婦をしているターニャ(エレーナ・ヤーコヴレヴァ)は夜は娼婦という別の顔を持っていた。もちろんそのことを老いた母、アッラ(ラリーサ・マレヴァンナヤ)は知るよしもない。ある時、ターニャは客の一人であるスウェーデン人の技師、エドワルド・ラルソン(トーマス・ラウスティオラ)から、全てを承知の上で、という熱烈な求婚を受...続きを読む

149分
7:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「ホヴァンシチナ」

124分 → 131分


7月4日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「誓いの休暇」
監督
グリゴーリ・チュフライ
    出演
    • ウラジミール・イワショフ
    • ジャンナ・プロホレンコ
    • アントニーナ・マクシーモア
    • ニコライ・クリューチコフ
    • Evgeni Urbanski
    解説
    一兵士の帰郷を軸に、戦争反対をうたいあげた作品。『女狙撃兵 マリュートカ』の新進グリゴーリ・チュフライが監督した。脚本は彼とその友人ワレンチン・イェジョフの共同。撮影もウラジミール・ニコラエフとエラ・サベリエフの二人。音楽はミハイル・ジフ。出演はともに映画初出演のウラジミール・イワショフ、ジャンナ・プロホレンコなど。一九六〇年カンヌ映...続きを読む
    ストーリー
    白い一本道のどこまでも続く野原に黒いスカーフをかぶった母親が立っている。彼女の息子アリョーシャは、この道を通って戦争に行ったまま帰らなかった。--ナチスがロシアに攻めこみ、戦争がもっとも苦しかった頃。一七歳の少年兵アリョーシャ(ウラジミール・イワショフ)は、二台の戦車を炎上させて英雄となり、特別休暇をあたえられた。が、彼は決して...続きを読む

87分
4:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「僕の村は戦場だった」
監督
アンドレイ・タルコフスキー
    出演
    • バレンティン・ズブコフ
    • S・クルイロフ
    • N. Grinyko
    • V. Maryavina
    • I. Tarkovskaya
    • D. Milyucheko
    解説
    ウラジミール・ボゴモーロフの短篇小説“イワン”を、彼自身とミハイル・パパワが脚色した戦争詩。監督は国立映画大学出身のアンドレイ・タルコフスキー、撮影はワジーム・ユーソフ、音楽をV・オフチニコフが担当。出演者はコーリヤ・ブルリヤーエフ少年、ズブコフ、E・ジャリコフ、S・クルイロフ。A・T・G系第五回上映作品。
    ストーリー
    イワン(コーリヤ・ブルリヤーエフ)がいまも夢にみた美しい故郷の村は戦火に踏みにじられ、母親は行方不明、国境警備隊員だった父親も戦死してしまった。一人とり残された十二歳のイワンが、危険を冒して敵陣に潜入し少年斥候として友軍に協力しているのも、自分の肉親を奪ったナチ・ドイツ軍への憎悪からであった。司令部のグリヤズノフ中佐、ホーリン大...続きを読む

95分


7月5日
11:00 AM 開館
1:00 PM
長瀬記念ホール OZU
「ユーリー・ノルシュテイン選集」

計80分
3:30 PM
長瀬記念ホール OZU
「フルスタリョフ、車を!」
監督
アレクセイ・ゲルマン
    出演
    • ユーリー・アレクセーヴィチ・ツリロ
    • ニーナ・ルスラーノワ
    • ミーシャ・デメンティエフ
    • アレクサンドル・バシロフ
    • ユーリ・ヤルベット
    解説
    スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々の姿を強烈なタッチで活写した群像劇。監督・脚本は『わが友イワン・ラプシン』のアレクセイ・ゲルマン。撮影はウラジーミル・イリネ。音楽はアンドレイ・ペトロフ。出演は『わが友イワン・ラプシン』のニーナ・ルスラノヴァ、ユーリー・ツリロほか。
    ストーリー
    1953年、スターリン政権下ソビエトでは不穏な空気が立ちこめていた。モスクワの大病院の脳外科医にして赤軍の将軍でもあるクレンスキー(ユーリー・ツリロ)は、病院と家庭と、愛人のところを行き来する毎日を送っている。そんななか、スターリンの指示の元、KGBはユダヤ人医師の迫害計画である『医師団陰謀事件』を発動する。事態を察したクレンスキー...続きを読む

142分 → 146分


フィルムセンター 《ロシア・ソビエト映画祭》 アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語/マチルダ/僕の村は戦場だった/マクシムの帰還/人間の運命/復活/五つの夜に/フルスタリョフ、車を!/アンナパブロワ/令嬢ターニャ/ほか全24本

movie


投稿者:管理人




東京国立近代美術館フィルムセンターの上映予定

もっと見る

ただいま上映中!!(2018年10月24日)
■月間スケジュール■ 10月 11月 12月 
キネカ大森
ユジク阿佐ヶ谷
ラピュタ阿佐ヶ谷
早稲田松竹
飯田橋ギンレイホール

2018-10月の特集上映!

※日時の変更の可能性も有りますので、公式サイトをご確認ください。

■月間スケジュール■ 10月 11月 12月 

キネカ大森
シネマブルースタジオ
ユジク阿佐ヶ谷
ユーロライブ
下高井戸シネマ
早稲田松竹
池袋新文芸坐
飯田橋ギンレイホール
■月間スケジュール■ 10月 11月 12月 

【更新履歴】

ブログをはじめました。映画の上映情報、イベントの開催情報、ヨモヤマ話などを書いていけたらと思います。

■予定をつぶやけるボタンを設置しました。メモやリマインダー代わりにお使いください。

■管理人より

どうもご来場ありがとうございます。こちらのページは、主に今日行われる名画座映画館での映画の情報を表示しています。http://www.cheapculuretokyo.comにアクセスしてもらえれば自動的にアクセスした日=「今日の名画座」情報を展示します。http://wwww.cheapculuretokyo.com/でブックマークお願い致します。

twitterのアカウントは@meigaza_todayです。もともと関東名画座情報BOT@meiga_zaを3年ぐらい前に始めたのですが、今は別の人にお譲りして、兄弟アカウントとして運営しています。

また、まだβ版ですが、都内の書店やCD屋などのインストアイベントの情報を集めたページもひっそりと公開しています。まだまだ数が全然少ないです。モットーは「今日、都内(もしくは関東)で安く遊べる所」を紹介するサイトにしていけたら、と思います。

そういう気持ちで cheapculuretokyo.com(=cheap culture tokyo)のドメインに変更しました。以前のドメインでブックマークされてた方は、自動的にcheapculuretokyo.comにつながるようにしてありますのでご容赦ください。

また、何かアイデアがございましたら、@meigaza_todayまでお知らせお願いします。






アーカイブ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31