7/1(日)~9/8(土)

《戦後独立プロ映画のあゆみ-力強く》

公式サイト

場所     ラピュタ阿佐ヶ谷


7月1日-7月3日
12:50 19:10
「蜂の巣の子供たち」
    出演
    • 御庄正一
    • 久保田晋一郎
    • 千葉義勝
    • 岩本豊
    • 中村貞雄
    • 平良喜代志
    • 硲由夫
    • 三原弘之
    • 川西清
    解説
    坪田譲治原作の『善太と三平物語 風の中の子供』『子供の四季』と続いて児童物に成功した清水宏(1)が独立して製作する作品で脚本も演出も清水宏(1)が当たっている。戦争初期一九四二年度の松竹京都作品『みかへりの塔』以来の清水宏(1)作品である。清水宏(1)は終戦以来浮浪児問題に大きな関心を寄せ自ら手元に幾十人もの浮浪児を置き、現在生活を共にし 続きを読む
    ストーリー
    復員して来たが、帰るべき家もなければ親兄弟もいない、何のアテもない島村修作であった。彼は下関駅構内にぼんやりとたたずんでいる。浮浪児達が入って来る列車をめがけて何かにありつこうと、狼群のように襲いかかる。だがこれは復員列車で獲ものにならなかった。浮浪児達の失望した顔、その顔に並んで一人の若い女が、これもぼけたように立っている。行 続きを読む

(1948年/清水宏)
14:40
「ペン偽らず 暴力の街」

(1950年/山本薩夫)※16mm
17:00
「どっこい生きてる」
    出演
    • 河原崎長十郎
    • 河原崎しづ江
    • 河原崎労作
    • 町田よし子
    • 中村翫右衛門(3代目)
    • 木村功
    • 岸旗江
    • 今村いづみ
    • 寺田勝之
    • 寺田健
    • 飯田蝶子
    • 中村梅之助
    • 中村公三郎
    • 坂東秀弥
    • 瀬川菊之丞
    • 川路夏子
    • 河原崎国太郎
    解説
    河原崎長十郎の主催する前進座とソビエト映画の輸入紹介をしている北星映画社とが共同で製作したもので、脚本と監督は、『また逢う日まで』の今井正が当たっている。出演者は前進座一党とそれに飯田蝶子、岸旗江、木村功などが加わっている。
    ストーリー
    毛利修三は自由労働者で僅かな稼ぎでようやく妻と子供二人を養っていたが、、大家から立ち退きを迫られ、妻と子供を田舎へかえし自分は木賃宿で寝泊まりすることにした。しかしようやくある町工場で旋盤工に雇われることに話がきまり、給料日までの食いしのぎの金は、親切な秋山婆さんが、戦災者寮の連中から集めてくれたが、その夜同宿の花村からすすめら 続きを読む

(1951年/今井正)


7月4日-7月7日
13:00
「ペン偽らず 暴力の街」

15:30
「どっこい生きてる」
    出演
    • 河原崎長十郎
    • 河原崎しづ江
    • 河原崎労作
    • 町田よし子
    • 中村翫右衛門(3代目)
    • 木村功
    • 岸旗江
    • 今村いづみ
    • 寺田勝之
    • 寺田健
    • 飯田蝶子
    • 中村梅之助
    • 中村公三郎
    • 坂東秀弥
    • 瀬川菊之丞
    • 川路夏子
    • 河原崎国太郎
    解説
    河原崎長十郎の主催する前進座とソビエト映画の輸入紹介をしている北星映画社とが共同で製作したもので、脚本と監督は、『また逢う日まで』の今井正が当たっている。出演者は前進座一党とそれに飯田蝶子、岸旗江、木村功などが加わっている。
    ストーリー
    毛利修三は自由労働者で僅かな稼ぎでようやく妻と子供二人を養っていたが、、大家から立ち退きを迫られ、妻と子供を田舎へかえし自分は木賃宿で寝泊まりすることにした。しかしようやくある町工場で旋盤工に雇われることに話がきまり、給料日までの食いしのぎの金は、親切な秋山婆さんが、戦災者寮の連中から集めてくれたが、その夜同宿の花村からすすめら 続きを読む

18:00
「夜明け前」
監督
吉村公三郎
    出演
    • 伊達信
    • 細川ちか子
    • 滝沢修
    • 小夜福子
    • 乙羽信子
    • 山内明
    • 福島寿美子
    • 清水将夫
    • 日高澄子
    • 高野由美
    • 日野道夫
    • 芦田伸介
    • 松下達夫
    • 岡倉士郎
    • 菅井一郎
    • 北林谷栄
    • 殿山泰司
    • 宇野重吉
    解説
    昭和 年より 年にわたって中央公論に掲載された島崎藤村の原作を『欲望』の新藤兼人が脚色し、吉村公三郎か監督した。『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭が撮影、音楽を担当。ブロデュースの絲屋寿雄が時代考証に、藤村子息で現在木曾馬篭に在住する島崎楠雄が方言指導に協力している。『欲望』の乙羽信子、日高澄子、『悲恋椿』の山内明、『残侠の港』の殿山泰 続きを読む
    ストーリー
    幕末。--はげしい世の推移は今や木曾の山中にもひしひしと感じられる。木曾馬篭の本陣・庄屋青山家の長男半蔵は、近郷中津川の国学者宮川寛斎より平田篤胤の学問をまなび、さらに江戸へも遊学して、その復古的な理想主義の立場から既成の政治に批判的だった。文久元年。皇女和宮の将軍家御降嫁がきまり、江戸へ向うその行列の沿道木曾谷では、徳川代官に 続きを読む

(1953年/吉村公三郎)


7月8日-7月10日
13:00
「夜明け前」
監督
吉村公三郎
    出演
    • 伊達信
    • 細川ちか子
    • 滝沢修
    • 小夜福子
    • 乙羽信子
    • 山内明
    • 福島寿美子
    • 清水将夫
    • 日高澄子
    • 高野由美
    • 日野道夫
    • 芦田伸介
    • 松下達夫
    • 岡倉士郎
    • 菅井一郎
    • 北林谷栄
    • 殿山泰司
    • 宇野重吉
    解説
    昭和 年より 年にわたって中央公論に掲載された島崎藤村の原作を『欲望』の新藤兼人が脚色し、吉村公三郎か監督した。『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭が撮影、音楽を担当。ブロデュースの絲屋寿雄が時代考証に、藤村子息で現在木曾馬篭に在住する島崎楠雄が方言指導に協力している。『欲望』の乙羽信子、日高澄子、『悲恋椿』の山内明、『残侠の港』の殿山泰 続きを読む
    ストーリー
    幕末。--はげしい世の推移は今や木曾の山中にもひしひしと感じられる。木曾馬篭の本陣・庄屋青山家の長男半蔵は、近郷中津川の国学者宮川寛斎より平田篤胤の学問をまなび、さらに江戸へも遊学して、その復古的な理想主義の立場から既成の政治に批判的だった。文久元年。皇女和宮の将軍家御降嫁がきまり、江戸へ向うその行列の沿道木曾谷では、徳川代官に 続きを読む

16:00
「村八分」
監督
今泉善珠
    出演
    • 中原早苗
    • 藤原釜足
    • 英百合子
    • 乙羽信子
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 山田巳之助
    • 菅井一郎
    • 御橋公
    • 殿山泰司
    • 久松保夫
    • 横山運平
    解説
    昨年全国的な話題となつた静岡県下上野村村八分事件を取あげたもので『原爆の子』を製作した近代映画協会に現代ぷろだくしよんが協力している。製作は、『原爆の子』の山田典吾に絲屋寿雄の共同。脚本は『千羽鶴 1953 』の新藤兼人、監督は『原爆の子』の第一助手新人の今泉善珠。撮影は『暴力』の宮島義勇が担当。吉村公三郎が演出補導に当る。配役は、『女とい 続きを読む
    ストーリー
    静岡県選出参院補欠選挙の発表の日、朝陽新聞静岡支局へ富士山麓の野田村の一少女から、同村で行われた替玉投票の事実を訴えた投書が舞い込んだ。支局長は吉原通信部の本多記者に、早速この事実の調査を命じた。本多は野田村在の吉川一郎の娘、富士原高校に在学する満江がこの投書の主であることを確めたが、これを知った同村ボス山野の手配で厳しく口どめ 続きを読む

(1953年/今泉善珠)※16mm
18:10
「勳章」

(1954年/渋谷実)


7月11日-7月14日
12:50
「村八分」
監督
今泉善珠
    出演
    • 中原早苗
    • 藤原釜足
    • 英百合子
    • 乙羽信子
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 山田巳之助
    • 菅井一郎
    • 御橋公
    • 殿山泰司
    • 久松保夫
    • 横山運平
    解説
    昨年全国的な話題となつた静岡県下上野村村八分事件を取あげたもので『原爆の子』を製作した近代映画協会に現代ぷろだくしよんが協力している。製作は、『原爆の子』の山田典吾に絲屋寿雄の共同。脚本は『千羽鶴 1953 』の新藤兼人、監督は『原爆の子』の第一助手新人の今泉善珠。撮影は『暴力』の宮島義勇が担当。吉村公三郎が演出補導に当る。配役は、『女とい 続きを読む
    ストーリー
    静岡県選出参院補欠選挙の発表の日、朝陽新聞静岡支局へ富士山麓の野田村の一少女から、同村で行われた替玉投票の事実を訴えた投書が舞い込んだ。支局長は吉原通信部の本多記者に、早速この事実の調査を命じた。本多は野田村在の吉川一郎の娘、富士原高校に在学する満江がこの投書の主であることを確めたが、これを知った同村ボス山野の手配で厳しく口どめ 続きを読む

14:50
「勳章」

17:10
「縮図」
監督
新藤兼人
    出演
    • 乙羽信子
    • 島田文子
    • 北林谷栄
    • 宇野重吉
    • 殿山泰司
    • 菅井一郎
    • 沢村貞子
    • 滝沢修
    • 山内明
    • 山田五十鈴
    • 細川ちか子
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 清水将夫
    • 沼田曜一
    • 英百合子
    解説
    『村八分』に次ぐ近代映画協会の作品。『暴力』の監督吉村公三郎が製作を担当、『村八分』の絲屋寿雄と山田典吾及び能登節雄等がこれに協力している。原作は徳田秋声の著名小説、『原爆の子』の新藤兼人が脚色・監督にあたった。撮影は『原爆の子』の伊藤武夫、音楽は『村八分』の伊福部昭。出演者も『村八分』のメンバーが多数で、乙羽信子、山村聡、日高澄子、 続きを読む
    ストーリー
    銀子は東京の下町に住む貧しい靴直しの娘に生まれた。父銀蔵はお人好しだが、甲斐性なしで暮しも立たず、銀子は年端もいかぬのに千葉の芸者置屋に売られて行った。辛い仕込の期間が終り、やがて彼女は『牡丹』という名で座敷へ出された。女癖の悪い置屋の親爺磯貝に目をつけられ、追いまわされるが、銀子には千葉医大の医師栗栖という意中の人が出来た。磯 続きを読む

(1953年/新藤兼人)
19:50
「末っ子大将」

(1960年/木村荘十二)※16mm


7月15日-7月16日
12:50
「縮図」
監督
新藤兼人
    出演
    • 乙羽信子
    • 島田文子
    • 北林谷栄
    • 宇野重吉
    • 殿山泰司
    • 菅井一郎
    • 沢村貞子
    • 滝沢修
    • 山内明
    • 山田五十鈴
    • 細川ちか子
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 清水将夫
    • 沼田曜一
    • 英百合子
    解説
    『村八分』に次ぐ近代映画協会の作品。『暴力』の監督吉村公三郎が製作を担当、『村八分』の絲屋寿雄と山田典吾及び能登節雄等がこれに協力している。原作は徳田秋声の著名小説、『原爆の子』の新藤兼人が脚色・監督にあたった。撮影は『原爆の子』の伊藤武夫、音楽は『村八分』の伊福部昭。出演者も『村八分』のメンバーが多数で、乙羽信子、山村聡、日高澄子、 続きを読む
    ストーリー
    銀子は東京の下町に住む貧しい靴直しの娘に生まれた。父銀蔵はお人好しだが、甲斐性なしで暮しも立たず、銀子は年端もいかぬのに千葉の芸者置屋に売られて行った。辛い仕込の期間が終り、やがて彼女は『牡丹』という名で座敷へ出された。女癖の悪い置屋の親爺磯貝に目をつけられ、追いまわされるが、銀子には千葉医大の医師栗栖という意中の人が出来た。磯 続きを読む

15:20
「末っ子大将」

16:30
「蟹工船」
監督
山村聰
    出演
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 森雅之
    • 森川信
    • 中原早苗
    • 河原崎しづ江
    • 若原春江
    • 河野秋武
    • 御橋公
    • 山田巳之助
    • 小笠原弘
    • 平田未喜三
    • 小笠原章二郎
    • 武田正憲
    • 今成平九郎
    • 花沢徳衛
    • 石島房太郎
    • 伊丹慶治
    • 林幹
    解説
    昭和初年にかかれた小林多喜二の原作を俳優から転出の山村聡が第一回の脚色・監督にあたった。撮影監督・音楽はそれぞれ『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭。監督山村聡自身、森雅之、日高澄子、中原『村八分』、河野秋武などの他、現代プロ、前進座、東京映画俳優協会、劇団東芸、少年俳優クラブのメンバーが
    出演
    • 松田龍平
    • 西島秀俊
    • 高良健吾
    • 新井浩文
    • 柄本時生
    • 木下隆行
    • 木本武宏
    • 皆川猿時
    • 谷村美月
    • 大杉漣
    • 森本レオ
    解説
    2007年から08年にかけて人気が再燃し、話題となった小林多喜二による1929年のプロレタリア文学の名作を、『弾丸ランナー』『疾走』のSABUが映画化。出稼ぎ労働者達が蟹缶の加工を行う船・蟹工船で、劣悪な環境と低賃金に疑問を抱いた新庄は、労働者たちを蜂起させ、非道な監督の浅川に立ち向かう。松田龍平と西島秀俊が激しく対立する労働者と権力者に扮する。

    (1953年/山村聰)
    18:50
    「足摺岬」
    監督
    吉村公三郎
      出演
      • 木村功
      • 津島恵子
      • 砂川啓介
      • 信欣三
      • 内藤武敏
      • 斎藤雄一
      • 庄司永建
      • 金子信雄
      • 日高澄子
      • 森川信
      • 赤木蘭子
      • 河原崎建三
      • 原ひさ子
      • 野辺かほる
      • 田中筆子
      • 御橋公
      • 小峰千代子
      • 殿山泰司
      • 嵯峨善兵
      • 菅井一郎
      • 芦田伸介
      • 神田隆
      • 下元勉
      解説
      『夜明け前』に次ぐ吉村公三郎監督の近代映画協会作品。田宮虎彦の“絵本”“菊坂”“足摺岬”の三短篇から製作の新藤兼人(女の一生)が脚本を書いている。撮影、音楽ともに『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭の担当。出演者は『七人の侍』の木村功、津島恵子、『燃える上海』の神田隆、『日の果て』の信欣三、殿山泰司、『女の園』の金子信雄、『男の血祭』の日高澄子 続きを読む
      ストーリー
      昭和九年、冬。アカの嫌疑で投獄された苦学生浅井は上京した母のお蔭で釈放された。浅井の下宿する本郷菊坂近くの富士見軒には、学友緒方、毎日書きものをしている松木、女給さよ子をつれこんでマンドリンと嬌声に日を送る学生香椎、福井少年とその姉の八重などが居た。八重姉弟は兄が廟行鎮で捕虜になった事から、故郷に居たたまれず、母を四国の南端足摺 続きを読む

    (1954年/吉村公三郎)


7月18日-7月21日
13:00
「蟹工船」
監督
山村聰
    出演
    • 山村聰
    • 日高澄子
    • 森雅之
    • 森川信
    • 中原早苗
    • 河原崎しづ江
    • 若原春江
    • 河野秋武
    • 御橋公
    • 山田巳之助
    • 小笠原弘
    • 平田未喜三
    • 小笠原章二郎
    • 武田正憲
    • 今成平九郎
    • 花沢徳衛
    • 石島房太郎
    • 伊丹慶治
    • 林幹
    解説
    昭和初年にかかれた小林多喜二の原作を俳優から転出の山村聡が第一回の脚色・監督にあたった。撮影監督・音楽はそれぞれ『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭。監督山村聡自身、森雅之、日高澄子、中原『村八分』、河野秋武などの他、現代プロ、前進座、東京映画俳優協会、劇団東芸、少年俳優クラブのメンバーが
    出演
    • 松田龍平
    • 西島秀俊
    • 高良健吾
    • 新井浩文
    • 柄本時生
    • 木下隆行
    • 木本武宏
    • 皆川猿時
    • 谷村美月
    • 大杉漣
    • 森本レオ
    解説
    2007年から08年にかけて人気が再燃し、話題となった小林多喜二による1929年のプロレタリア文学の名作を、『弾丸ランナー』『疾走』のSABUが映画化。出稼ぎ労働者達が蟹缶の加工を行う船・蟹工船で、劣悪な環境と低賃金に疑問を抱いた新庄は、労働者たちを蜂起させ、非道な監督の浅川に立ち向かう。松田龍平と西島秀俊が激しく対立する労働者と権力者に扮する。

    15:20
    「足摺岬」
    監督
    吉村公三郎
      出演
      • 木村功
      • 津島恵子
      • 砂川啓介
      • 信欣三
      • 内藤武敏
      • 斎藤雄一
      • 庄司永建
      • 金子信雄
      • 日高澄子
      • 森川信
      • 赤木蘭子
      • 河原崎建三
      • 原ひさ子
      • 野辺かほる
      • 田中筆子
      • 御橋公
      • 小峰千代子
      • 殿山泰司
      • 嵯峨善兵
      • 菅井一郎
      • 芦田伸介
      • 神田隆
      • 下元勉
      解説
      『夜明け前』に次ぐ吉村公三郎監督の近代映画協会作品。田宮虎彦の“絵本”“菊坂”“足摺岬”の三短篇から製作の新藤兼人(女の一生)が脚本を書いている。撮影、音楽ともに『ひろしま』の宮島義勇、伊福部昭の担当。出演者は『七人の侍』の木村功、津島恵子、『燃える上海』の神田隆、『日の果て』の信欣三、殿山泰司、『女の園』の金子信雄、『男の血祭』の日高澄子 続きを読む
      ストーリー
      昭和九年、冬。アカの嫌疑で投獄された苦学生浅井は上京した母のお蔭で釈放された。浅井の下宿する本郷菊坂近くの富士見軒には、学友緒方、毎日書きものをしている松木、女給さよ子をつれこんでマンドリンと嬌声に日を送る学生香椎、福井少年とその姉の八重などが居た。八重姉弟は兄が廟行鎮で捕虜になった事から、故郷に居たたまれず、母を四国の南端足摺 続きを読む

    17:30
    「北白川こども風土記」

    (1960年/小坂哲人)※16mm
    18:50
    「どぶ」

    (1954年/新藤兼人)


7月22日-7月24日
12:50
「若い人たち」
監督
吉村公三郎
    出演
    • 乙羽信子
    • 木村三津子
    • 日高澄子
    • 中原早苗
    • 岸旗江
    • 金子信雄
    • 信欣三
    • 芦田伸介
    • 清川玉枝
    • 清水元
    • 加藤嘉
    • 殿山泰司
    • 田中筆子
    • 松山省次
    • 下元勉
    • 浜村純
    • 米倉栄
    • 花岡菊子
    • 近藤宏
    • 太田泰二
    • 原保美
    • 松山紀子
    • 石島房太郎
    • 伊達信
    • 神田隆
    • 堀内啓子
    • 木原勢子
    • 堂本ユリ子
    • 槙芙佐子
    • 戸田春子
    • 今村源兵
    • 冬木京三
    • 小坂真一
    • 椿とみ
    • 日野道夫
    • 岩崎ちえ
    • 田中敬子
    • 彌富光夫
    • 滝田裕介
    • 嵯峨善兵
    • 内藤武敏
    • 御橋公
    • 砂川啓介
    • 島田文子
    • 津路清子
    • 松下達夫
    • 月村雪江
    • 大原栄子
    • 石川冷
    • 入江杳子
    • 渡辺竹三郎
    解説
    『どぶ』に次ぐ近代映画協会の第八回自主作品で、全国銀行従業員組合連合会と提携して製作される。『どぶ』と同じく新藤兼人(泥だらけの青春)と棚田吾郎が共同で脚本を執筆し、『足摺岬』の吉村公三郎が監督する。撮影も同じく『足摺岬』の宮島義勇で、音楽は『泥だらけの青春』の伊福部昭の担当。出演者は『泥だらけの青春』の乙羽信子、『太陽のない街』の日 続きを読む
    ストーリー
    老銀行員小宮良介の娘阿佐子は、矢張り銀行の女事務員として働いていたが、毎朝誰よりも早く出勤して、掃除をしたり自分の当番でなくてもお茶を配ったりするので、反って他の女子行員達の反感を買っていた。或る日、良介は、銀行が差押えた工場の競売に債権者の代理人として出張したが、逆上したそこの工場主に殴られて昏倒してしまった。父入院の報をきい 続きを読む

(1954年/吉村公三郎)○国立映画アーカイブ所蔵作品
15:10
「北白川こども風土記」

16:30
「どぶ」

18:50
「ひろしま」
監督
関川秀雄
    出演
    • 岡田英次
    • 月丘夢路
    • 神田隆
    • 利根はる恵
    • 加藤嘉
    • 河原崎しづ江
    • 亘征子
    • 月田昌也
    • 山田五十鈴
    • 松山りえ子
    • 町田いさ子
    • 南雅子
    • 佐脇一光
    • 薄田研二
    解説
    長田新編『原爆の子』より、『雲ながるる果てに』の八木保太郎の書卸したシナリオの映画化で、日教組プロの製作になる。『混血児』の関川秀雄が監督し、『村八分』の宮島義勇が撮影している。音楽は、『玄海の鰐』の伊福部昭。出演者は『死の追跡』の岡田英次、神田隆、『旅路 1953 』の月丘夢路、『雲ながるる果てに』の山田五十鈴のほかに、河原崎しづ江、町田 続きを読む
    ストーリー
    広島A高校三年、北川の担任するクラスで原爆当時のラジオ物語を聞いていた大庭みち子は、突然恐怖に失心した。原爆の白血病によって前から身体の変調を来していたのだ。クラスの三分の一を占める被爆者達にとって、忘れる事の出来ない息づまる様な思い出だった。それなのに今広島では、平和記念館の影は薄れ、街々に軍艦マーチは高鳴っている。あの日みち 続きを読む

(1953年/関川秀雄)※16mm


7月25日-7月28日
12:40
「乳房を抱く娘たち」
監督
山本薩夫
    出演
    • 中谷一郎
    • 山本圭
    • 滝田裕介
    • 伊藤雄之助
    • 宇野重吉
    • 大森義夫
    • 嵯峨善兵
    • 日野道夫
    • 松下達夫
    • 大滝秀治
    • 家田佳子
    • 有田紀子
    • 堀井永子
    • 加藤嘉
    • 高野二郎
    • 田中筆子
    • 菅井きん
    • 正城睦子
    • 西村晃
    • 稲葉義男
    • 永井竜太郎
    • 殿山泰司
    • 福原秀雄
    • 三鬼弘
    • 大木正司
    • 伊藤正次
    • 青木道子
    • 戸田春子
    • 田村保
    • 市原悦子
    • 野村昭子
    • 寺島幹夫
    • 鵜野竜太
    • 仲代達矢
    解説
    『鹿島灘の女』の八木保太郎の原作・脚色を『武器なき斗い』の山本薩夫が監督した農民の生活を明るく描いた農村映画。撮影は黒田清巳。
    ストーリー
    力君が共同化にふみ切ったのは、レジャーがほしいからだ。でないと新調のオートバイが夜泣きする。相棒のモーさんこと一作はこの村に赴任して来たかけだしの獣医だが、誠実さが人をひきつけ、とくに嫁入り前の娘に惚れられた。若手のリーダーは青年部長で頭がよく理論家の仁さんだ。ここにもう一人重要な人物節がいる。彼女は高校の時父を失い今年十九で一 続きを読む

(1962年/山本薩夫)※16mm
15:10
「ひろしま」
監督
関川秀雄
    出演
    • 岡田英次
    • 月丘夢路
    • 神田隆
    • 利根はる恵
    • 加藤嘉
    • 河原崎しづ江
    • 亘征子
    • 月田昌也
    • 山田五十鈴
    • 松山りえ子
    • 町田いさ子
    • 南雅子
    • 佐脇一光
    • 薄田研二
    解説
    長田新編『原爆の子』より、『雲ながるる果てに』の八木保太郎の書卸したシナリオの映画化で、日教組プロの製作になる。『混血児』の関川秀雄が監督し、『村八分』の宮島義勇が撮影している。音楽は、『玄海の鰐』の伊福部昭。出演者は『死の追跡』の岡田英次、神田隆、『旅路 1953 』の月丘夢路、『雲ながるる果てに』の山田五十鈴のほかに、河原崎しづ江、町田 続きを読む
    ストーリー
    広島A高校三年、北川の担任するクラスで原爆当時のラジオ物語を聞いていた大庭みち子は、突然恐怖に失心した。原爆の白血病によって前から身体の変調を来していたのだ。クラスの三分の一を占める被爆者達にとって、忘れる事の出来ない息づまる様な思い出だった。それなのに今広島では、平和記念館の影は薄れ、街々に軍艦マーチは高鳴っている。あの日みち 続きを読む

17:20
「真昼の暗黒」
監督
今井正
    出演
    • 草薙幸二郎
    • 松山照夫
    • 矢野宣
    • 牧田正嗣
    • 小林寛
    • 左幸子
    • 内藤武敏
    • 菅井一郎
    • 中村栄二
    • 下元勉
    • 加藤嘉
    • 清水元
    • 織田政雄
    • 陶隆司
    • 市村昌治
    • 織本順吉
    • 久松保夫
    • 山茶花究
    • 芦田伸介
    • 三田国夫
    • 戸田春子
    • 相生千恵子
    • 飯田蝶子
    • 鈴木洋子
    • 日高ゆりえ
    • 新山幸三
    • 北林谷栄
    • 玉川伊佐男
    • 城久美子
    • 武田正憲
    • 夏川静江
    • 山村聰
    • 野浜建
    • 於島鈴子
    • 嵯峨善兵
    • 畑中蓼坡
    • 五月藤江
    • 小笠原章二郎
    • 殿山泰司
    • 島田屯
    • 利根司郎
    • 石島房太郎
    解説
    弁護士正木ひろしの著書『裁判官--人の命は権力で奪えるものか』より、『生きとし生けるもの』の橋本忍が脚本を書き、『由起子』のコンビ、今井正が監督、中尾駿一郎が撮影を担当した。主なる出演者は新人群として、民芸の草薙幸二郎、中芸の松山照夫、牧田正嗣、俳優座の矢野宜、新協の小林寛の他、『神阪四郎の犯罪』の左幸子、『ビルマの竪琴 1956 』の内藤 続きを読む
    ストーリー
    瀬戸内海に近い三原村で小金を貯めこんでいるという噂のある仁科老夫婦が惨殺され、その翌朝、皆川、矢口両刑事は笠岡市の遊廓から小島武志を検挙した。ジャンパーの血痕、指先の血糊--動かぬ証拠をつきつけられた小島は流石に色を失っていた。だが捜査本部では単独犯では片づけられない種々の事情から判断して、小島の口から共犯の事実を吐かせようと躍 続きを読む

(1956年/今井正)
19:50
「長崎の子」

(1956年/木村荘十二)※16mm


7月29日-7月31日
13:00
「石合戦」
監督
若杉光夫
    出演
    • 小沢栄太郎
    • 山田五十鈴
    • 浜田光夫
    • 内藤武敏
    • 高田敏江
    • 小夜福子
    • 徳永街子
    • 奈良岡朋子
    • 下絛正巳
    • 宇野重吉
    • 佐野浅夫
    • 嵯峨善兵
    • 鶴丸睦彦
    • 下元勉
    • 大町文夫
    • 九谷常行
    • 渡辺晃
    解説
    故上司小剣の小説『天満宮』『石合戦』より松丸青史、吉田隆一、松山亜土の三人が脚色し、『和蘭囃子』の若杉光夫が監督、『最後の女達』の仲沢半次郎が撮影を担当した。主なる出演者は『獅子丸一平』の小沢栄、『人生とんぼ返り 1955 』の山田五十鈴、『花ひらく 1955 』の内藤武敏、『幼きものは訴える』の宇野重吉、新人高田敏江、東童の浜田光曠など。
    ストーリー
    村の中央を流れる猪名川を挟んで、二つの集落の子供たちは水泳場を奪い合い、そのたびに石合戦が起きた。多田神社の神職のひとり息子竹丸は気が弱く、いつも石運びの役ばかりやらされていた。だが、水泳も石投げも、病床の母鴻子には内緒であった。村では市町村合併の問題で県会議員の大野や有力者たちが、しきりに暗躍していたが、その大野が一本橋から突 続きを読む

(1955年/若杉光夫)○国立映画アーカイブ所蔵作品
15:00
「真昼の暗黒」
監督
今井正
    出演
    • 草薙幸二郎
    • 松山照夫
    • 矢野宣
    • 牧田正嗣
    • 小林寛
    • 左幸子
    • 内藤武敏
    • 菅井一郎
    • 中村栄二
    • 下元勉
    • 加藤嘉
    • 清水元
    • 織田政雄
    • 陶隆司
    • 市村昌治
    • 織本順吉
    • 久松保夫
    • 山茶花究
    • 芦田伸介
    • 三田国夫
    • 戸田春子
    • 相生千恵子
    • 飯田蝶子
    • 鈴木洋子
    • 日高ゆりえ
    • 新山幸三
    • 北林谷栄
    • 玉川伊佐男
    • 城久美子
    • 武田正憲
    • 夏川静江
    • 山村聰
    • 野浜建
    • 於島鈴子
    • 嵯峨善兵
    • 畑中蓼坡
    • 五月藤江
    • 小笠原章二郎
    • 殿山泰司
    • 島田屯
    • 利根司郎
    • 石島房太郎
    解説
    弁護士正木ひろしの著書『裁判官--人の命は権力で奪えるものか』より、『生きとし生けるもの』の橋本忍が脚本を書き、『由起子』のコンビ、今井正が監督、中尾駿一郎が撮影を担当した。主なる出演者は新人群として、民芸の草薙幸二郎、中芸の松山照夫、牧田正嗣、俳優座の矢野宜、新協の小林寛の他、『神阪四郎の犯罪』の左幸子、『ビルマの竪琴 1956 』の内藤 続きを読む
    ストーリー
    瀬戸内海に近い三原村で小金を貯めこんでいるという噂のある仁科老夫婦が惨殺され、その翌朝、皆川、矢口両刑事は笠岡市の遊廓から小島武志を検挙した。ジャンパーの血痕、指先の血糊--動かぬ証拠をつきつけられた小島は流石に色を失っていた。だが捜査本部では単独犯では片づけられない種々の事情から判断して、小島の口から共犯の事実を吐かせようと躍 続きを読む

17:30
「長崎の子」

19:00
「愛すればこそ」
監督
吉村公三郎
監督
今井正
監督
山本薩夫
    出演
    • 乙羽信子
    • 町田芳子
    • 田中筆子
    • 神田隆
    • 殿山泰司
    • 細野さとみ
    • 家田由紀子
    • 石井兼子
    • 永田靖
    • 芦田伸介
    • 原保美
    • 三田国夫
    • 沖悦二
    • 香川京子
    • 内藤武敏
    • 井出克彦
    • 高原駿雄
    • 高橋トヨ
    • 山田五十鈴
    • 岸旗江
    • 中原早苗
    • 田口計
    • 久我美子
    • 山村聰
    解説
    近代映画協会の提唱により、近代映協、中央映画の全プロデューサーが製作に当る独立プロのオムニバス映画で、脚本は新藤兼人(若い人たち)と山形雄策が担当する。監督は『若い人たち』の吉村公三郎、『にごりえ』の今井正、『太陽のない街』の山本薩夫が夫々一話ずつを担当。撮影は『若い人たち』の宮島義勇に、中尾駿一郎、伊藤武夫。音楽は『男性NO 1』の団 続きを読む
    ストーリー
    〔花売り娘〕バー・クラルテの雇われマダム道江は、今宵ひどく不機嫌で、花売りの少女民子にもつらく当った。道江は旦那を刑務所に行かさないために二十万円つくる必要があるのだが、その金をマスターから出させるためにはマスターに身をまかせなければならぬ。銀座の夜は雨になった。道江はしょんぼりと雨宿りしている民子を哀れに思い、売れ残りを買いあ 続きを読む

(1955年/吉村公三郎、今井正、山本薩夫)


8月1日-8月4日
13:00
「愛すればこそ」
監督
吉村公三郎
監督
今井正
監督
山本薩夫
    出演
    • 乙羽信子
    • 町田芳子
    • 田中筆子
    • 神田隆
    • 殿山泰司
    • 細野さとみ
    • 家田由紀子
    • 石井兼子
    • 永田靖
    • 芦田伸介
    • 原保美
    • 三田国夫
    • 沖悦二
    • 香川京子
    • 内藤武敏
    • 井出克彦
    • 高原駿雄
    • 高橋トヨ
    • 山田五十鈴
    • 岸旗江
    • 中原早苗
    • 田口計
    • 久我美子
    • 山村聰
    解説
    近代映画協会の提唱により、近代映協、中央映画の全プロデューサーが製作に当る独立プロのオムニバス映画で、脚本は新藤兼人(若い人たち)と山形雄策が担当する。監督は『若い人たち』の吉村公三郎、『にごりえ』の今井正、『太陽のない街』の山本薩夫が夫々一話ずつを担当。撮影は『若い人たち』の宮島義勇に、中尾駿一郎、伊藤武夫。音楽は『男性NO 1』の団 続きを読む
    ストーリー
    〔花売り娘〕バー・クラルテの雇われマダム道江は、今宵ひどく不機嫌で、花売りの少女民子にもつらく当った。道江は旦那を刑務所に行かさないために二十万円つくる必要があるのだが、その金をマスターから出させるためにはマスターに身をまかせなければならぬ。銀座の夜は雨になった。道江はしょんぼりと雨宿りしている民子を哀れに思い、売れ残りを買いあ 続きを読む

15:00
「乳房を抱く娘たち」
監督
山本薩夫
    出演
    • 中谷一郎
    • 山本圭
    • 滝田裕介
    • 伊藤雄之助
    • 宇野重吉
    • 大森義夫
    • 嵯峨善兵
    • 日野道夫
    • 松下達夫
    • 大滝秀治
    • 家田佳子
    • 有田紀子
    • 堀井永子
    • 加藤嘉
    • 高野二郎
    • 田中筆子
    • 菅井きん
    • 正城睦子
    • 西村晃
    • 稲葉義男
    • 永井竜太郎
    • 殿山泰司
    • 福原秀雄
    • 三鬼弘
    • 大木正司
    • 伊藤正次
    • 青木道子
    • 戸田春子
    • 田村保
    • 市原悦子
    • 野村昭子
    • 寺島幹夫
    • 鵜野竜太
    • 仲代達矢
    解説
    『鹿島灘の女』の八木保太郎の原作・脚色を『武器なき斗い』の山本薩夫が監督した農民の生活を明るく描いた農村映画。撮影は黒田清巳。
    ストーリー
    力君が共同化にふみ切ったのは、レジャーがほしいからだ。でないと新調のオートバイが夜泣きする。相棒のモーさんこと一作はこの村に赴任して来たかけだしの獣医だが、誠実さが人をひきつけ、とくに嫁入り前の娘に惚れられた。若手のリーダーは青年部長で頭がよく理論家の仁さんだ。ここにもう一人重要な人物節がいる。彼女は高校の時父を失い今年十九で一 続きを読む

17:30
「ここに泉あり」
監督
今井正
    出演
    • 小林桂樹
    • 岡田英次
    • 岸惠子
    • 成瀬昌彦
    • 加東大介
    • 三井弘次
    • 大滝秀治
    • 福田秀実
    • 椎原邦彦
    • 斎藤雄一
    • 冨田浩太郎
    • 井出忠彦
    • 林孝一
    • 庄司永建
    • 中野孝治
    • 中村是好
    • 近衛敏明
    • 十朱久雄
    • 清村耕二
    • 東野英治郎
    • 千石規子
    • 鶴丸睦彦
    • 原ひさ子
    • 清洲すみ子
    • 沢村貞子
    • 草笛光子
    • 伊沢一郎
    • 山田耕筰
    • 室井摩耶子
    • 高野二郎
    • 平田治子
    • 田中稲子
    • 奈良岡朋子
    • 湯野川和子
    • 田中栄三
    • 島田屯
    • 浮田左武郎
    • 望月伸光
    • 戸田春子
    • 武知杜代子
    • 原保美
    • 田中筆子
    • 多々良純
    解説
    今井正が『にごりえ』に次いで監督する映画で、群馬の地方交響楽団をモデルに『浮雲』の水木洋子が脚本を書き、『愛すればこそ』の中尾駿一郎が撮影に当り、同じく団伊玖磨が音楽を担当する。主なる出演者は『あなたと共に』の岸恵子、『人間魚雷回天』の岡田英次、『学生心中』の小林桂樹、『浮雲』の加東大介、『銀座令嬢』の三井弘次、『姿三四郎 第二部 195 続きを読む
    ストーリー
    人心のすさみきった終戦直後、群馬県高崎市に生れた市民フィルハーモニーは、働く人や小学生に美しい音楽を与えようとしたがマネージャー井田の努力にも拘らず、楽団員の生活も成りたたない有様だった。楽団で唯一人の女性佐川かの子は、音楽学校を出たばかりのピアニストだが、田舎では腕が落ちるのを悩んでいた。新しく東京から参加したヴァイオリンの速 続きを読む

(1955年/今井正)
20:30
「千羽鶴」
監督
木村荘十二
    出演
    • 菅井美智子
    • 石井治子
    • 川東美代子
    • 福岡和子
    • 森下義秀
    • 土井一男
    • 島田金次郎
    • 吉田譲司
    • 木内三枝子
    • 島田屯
    • 三好久子
    • 田尾勝
    • 加土恵子
    • 吉沢久嘉
    • 加藤嘉
    • 中川進介
    • 永田靖
    解説
    昭和三十年秋原爆症で死んだ佐々木禎子という一少女の死を契機に、全国に起った『千羽鶴』の運動を主題とした映画。諸井条次の脚本を、『お母さんの幸福』の木村荘十二が監督、木塚誠一が撮影した。学校・病院など全部ほんものを使ってのオールロケーションで、その上広島の少年少女が映画のために臨時の学級を小学時代、中学時代と二組も編成し、撮影期間中全く同じ学校の仲間として暮すという製作方法がとられた。
    ストーリー
    貞子のクラスには、六年生になった時、北川先生という若い男教師が赴任して来た。先生は、卒業までに『団結』ということを目標にしようと提案した。貞子はかけ足が得意で、歌もうまかったので、いつもクラスの人気者であった。その貞子が、急に入院した。原爆症--。貞子は輸血を受けたが、白血球はふる一方だ。卒業の日がきた。子供たちの発案で『団結の 続きを読む

(1958年/木村荘十二)※16mm


8月5日-8月7日
13:00
「ここに泉あり」
監督
今井正
    出演
    • 小林桂樹
    • 岡田英次
    • 岸惠子
    • 成瀬昌彦
    • 加東大介
    • 三井弘次
    • 大滝秀治
    • 福田秀実
    • 椎原邦彦
    • 斎藤雄一
    • 冨田浩太郎
    • 井出忠彦
    • 林孝一
    • 庄司永建
    • 中野孝治
    • 中村是好
    • 近衛敏明
    • 十朱久雄
    • 清村耕二
    • 東野英治郎
    • 千石規子
    • 鶴丸睦彦
    • 原ひさ子
    • 清洲すみ子
    • 沢村貞子
    • 草笛光子
    • 伊沢一郎
    • 山田耕筰
    • 室井摩耶子
    • 高野二郎
    • 平田治子
    • 田中稲子
    • 奈良岡朋子
    • 湯野川和子
    • 田中栄三
    • 島田屯
    • 浮田左武郎
    • 望月伸光
    • 戸田春子
    • 武知杜代子
    • 原保美
    • 田中筆子
    • 多々良純
    解説
    今井正が『にごりえ』に次いで監督する映画で、群馬の地方交響楽団をモデルに『浮雲』の水木洋子が脚本を書き、『愛すればこそ』の中尾駿一郎が撮影に当り、同じく団伊玖磨が音楽を担当する。主なる出演者は『あなたと共に』の岸恵子、『人間魚雷回天』の岡田英次、『学生心中』の小林桂樹、『浮雲』の加東大介、『銀座令嬢』の三井弘次、『姿三四郎 第二部 195 続きを読む
    ストーリー
    人心のすさみきった終戦直後、群馬県高崎市に生れた市民フィルハーモニーは、働く人や小学生に美しい音楽を与えようとしたがマネージャー井田の努力にも拘らず、楽団員の生活も成りたたない有様だった。楽団で唯一人の女性佐川かの子は、音楽学校を出たばかりのピアニストだが、田舎では腕が落ちるのを悩んでいた。新しく東京から参加したヴァイオリンの速 続きを読む

16:00
「千羽鶴」
監督
木村荘十二
    出演
    • 菅井美智子
    • 石井治子
    • 川東美代子
    • 福岡和子
    • 森下義秀
    • 土井一男
    • 島田金次郎
    • 吉田譲司
    • 木内三枝子
    • 島田屯
    • 三好久子
    • 田尾勝
    • 加土恵子
    • 吉沢久嘉
    • 加藤嘉
    • 中川進介
    • 永田靖
    解説
    昭和三十年秋原爆症で死んだ佐々木禎子という一少女の死を契機に、全国に起った『千羽鶴』の運動を主題とした映画。諸井条次の脚本を、『お母さんの幸福』の木村荘十二が監督、木塚誠一が撮影した。学校・病院など全部ほんものを使ってのオールロケーションで、その上広島の少年少女が映画のために臨時の学級を小学時代、中学時代と二組も編成し、撮影期間中全く同じ学校の仲間として暮すという製作方法がとられた。
    ストーリー
    貞子のクラスには、六年生になった時、北川先生という若い男教師が赴任して来た。先生は、卒業までに『団結』ということを目標にしようと提案した。貞子はかけ足が得意で、歌もうまかったので、いつもクラスの人気者であった。その貞子が、急に入院した。原爆症--。貞子は輸血を受けたが、白血球はふる一方だ。卒業の日がきた。子供たちの発案で『団結の 続きを読む

17:30
「あやに愛しき」

(1956年/宇野重吉)※16mm
19:50
「浮草日記」

(1955年/山本薩夫)


8月8日-8月11日
12:50
「あやに愛しき」

15:00
「浮草日記」

17:10
「キクとイサム」
監督
今井正
    出演
    • 高橋エミ子
    • 北林谷栄
    • 滝沢修
    • 宮口精二
    • 東野英治郎
    • 朝比奈愛子
    • 清村耕次
    • 織田政雄
    • 荒木道子
    • 三島雅夫
    • 賀原夏子
    • 長岡輝子
    • 三國連太郎
    • 高原駿雄
    • 中村是好
    • 殿山泰司
    • 多々良純
    • 三井弘次
    • 岸輝子
    • 松本克平
    解説
    大東映画の第一回作品。会津磐梯山を背景に、黒人ハーフの姉弟を叙情的に描き、この問題を社会に訴えようとするもの。主役の二人には何人かの候補者の中から東京荒川の小学六年生と横須賀の小学四年生が選ばれ、今井監督のもとで俳優としての訓練をうけた。水木洋子のオリジナル・シナリオを、『夜の鼓』以来ひさびさの今井正が監督した。撮影も『夜の鼓』のコンビ・中尾駿一郎。
    ストーリー
    キクは小学六年生だ。からだは人一倍大きい。村一番のおテンバである。ガキ大将の少年もかなわない。弟のイサムは四年生だ。これも相当なワンパクなのだ。しげばあさんは孫の姉弟を乳呑児の時から育ててきた。もう二人はばあさんの手におえない。初秋のある日ばあさんはキクに野菜籠を背負わせて町へ連れて行った。病院で診察を受けるためだ。キクが野菜を 続きを読む

(1959年/今井正)
19:30
「人間みな兄弟」

(1960年/亀井文夫)※16mm


8月12日-8月14日
12:50
「台風騒動記」
監督
山本薩夫
    出演
    • 佐田啓二
    • 菅原謙次
    • 佐野周二
    • 野添ひとみ
    • 桂木洋子
    • 渡辺篤
    • 藤間紫
    • 三島雅夫
    • 中村是好
    • 永井智雄
    • 多々良純
    • 三井弘次
    • 左卜全
    • 島田屯
    • 加藤嘉
    • 嵯峨善兵
    • 石島房太郎
    • 細川俊夫
    • 活村耕次
    • 井上昭文
    • 朝霧鏡子
    • 島田文子
    • 宮城千賀子
    • 飯田蝶子
    解説
    最近ルポルタージュ作家として著名な杉浦明平の連作ルポの一つ“台風十三号始末記”を、『猫と庄造と二人のをんな』の八住利雄と『青春の音』の山形雄策が脚色、『雪崩 1956 』の山本薩夫が監督する山本プロ=まどか・グループ共同作品。撮影担当は『森は生きている 1956 』の前田実。主な出演者は『あなた買います』の佐田啓二、『新・平家物語 静と義経』の菅原 続きを読む
    ストーリー
    のどかな海辺の町ふぐ江に台風が荒狂った。家は倒れ田畑も流された。役場の前には救援物資を求める町民たち。二階の会議室では森県会議員を中心に山瀬町長、友田議長、ボスの川井釜之助などが町議会の真最中。森県議の入知恵で、台風災害に便乗、台風で倒れそこねた小学校舎を壊し一千万円の政府補助金を取り私腹を肥やそうと皮算用に会議は踊る。しかし危 続きを読む

(1956年/山本薩夫)○国立映画アーカイブ所蔵作品
15:00
「キクとイサム」
監督
今井正
    出演
    • 高橋エミ子
    • 北林谷栄
    • 滝沢修
    • 宮口精二
    • 東野英治郎
    • 朝比奈愛子
    • 清村耕次
    • 織田政雄
    • 荒木道子
    • 三島雅夫
    • 賀原夏子
    • 長岡輝子
    • 三國連太郎
    • 高原駿雄
    • 中村是好
    • 殿山泰司
    • 多々良純
    • 三井弘次
    • 岸輝子
    • 松本克平
    解説
    大東映画の第一回作品。会津磐梯山を背景に、黒人ハーフの姉弟を叙情的に描き、この問題を社会に訴えようとするもの。主役の二人には何人かの候補者の中から東京荒川の小学六年生と横須賀の小学四年生が選ばれ、今井監督のもとで俳優としての訓練をうけた。水木洋子のオリジナル・シナリオを、『夜の鼓』以来ひさびさの今井正が監督した。撮影も『夜の鼓』のコンビ・中尾駿一郎。
    ストーリー
    キクは小学六年生だ。からだは人一倍大きい。村一番のおテンバである。ガキ大将の少年もかなわない。弟のイサムは四年生だ。これも相当なワンパクなのだ。しげばあさんは孫の姉弟を乳呑児の時から育ててきた。もう二人はばあさんの手におえない。初秋のある日ばあさんはキクに野菜籠を背負わせて町へ連れて行った。病院で診察を受けるためだ。キクが野菜を 続きを読む

17:20
「人間みな兄弟」

18:50
「第五福竜丸」
監督
新藤兼人
    出演
    • 宇野重吉
    • 乙羽信子
    • 小沢栄太郎
    • 千田是也
    • 永田靖
    • 三島雅夫
    • 松本克平
    • 稲葉義男
    • 浜田寅彦
    • 永井智雄
    • 清水将夫
    • 内藤武敏
    • 原保美
    • 三井弘次
    • 嵯峨善兵
    • 中村是好
    • 森川信
    • 十朱久雄
    • 殿山泰司
    • ジョウ・ハーディング
    • ヨハン・ライクル
    • マリア・ウィリアムス
    • ピーター・ウィリアムス
    • 武田正憲
    • 小笠原章二郎
    • 松本染升
    • 島田屯
    • 笹川恵三
    • 木下陽
    • 松山照夫
    • 市村昌治
    • 広井以津子
    • 多摩桂子
    • 内田礼子
    • 眸瑠璃子
    • 桜井良子
    • 原ひさ子
    • 小峰千代子
    • 毛利菊枝
    解説
    日本人漁夫がビキニ環礁で遭遇した水爆実験の被害事件を描いたもので、『米』の八木保太郎と新藤兼人の脚本を、『悲しみは女だけに』の新藤兼人が監督した。撮影は植松永吉・武井大が担当。
    ストーリー
    一九五四年三月、焼津港を出た漁船第五福竜丸は、魚を求めてビキニ環礁のあたりにいた。乗組む二十三人の漁夫たちは、故郷に妻や恋人や親たちを持つ、平凡な人々だった。船長笠井太吉はわずか二十二歳の若さで、船の実権は漁撈長の見島民夫が握っていた。苦労人の無線長久保山愛吉は乗組員たちの信任を得ていた。三月一日の午前三時四十二分、乗組員たちは 続きを読む

(1959年/新藤兼人)


8月15日-8月18日
12:30
「こころの山脈」
監督
吉村公三郎
    出演
    • 宇野重吉
    • 山岡久乃
    • 県立本宮高校二年生
    • 本宮第一中学校三年生
    • 本宮小学校四年生
    • 吉行和子
    • 佐藤忠
    • 江角英明
    • 玉川伊佐男
    • 殿山泰司
    • 増田順司
    • 本宮小学校五年生
    • 奈良岡朋子
    • 荒井孝一郎
    • 田中筆子
    • 町田博子
    • 佐々木すみ江
    • 大方斐紗子
    • 津野哲郎
    • 阿部希郎
    • 本宮小学校五年生
    • 本宮小学校五年生
    • 本宮小学校四年生
    • 本宮小学校五年生
    • 上石政雄
    • 本宮町町民総出演
    解説
    『高原のお嬢さん』の千葉茂樹がオリジナル・シナリオを執筆、『越前竹人形』の吉村公三郎が監督した師弟愛を描いた社会ドラマ。撮影は杉田安久利。なお、これは俗悪映画の悪影響から子供たちを守ろうという、福島県本宮町のお母さんたちを中心とした、本宮方式映画製作の会が、近代映画協会の協力を得て製作したもので、製作にあたってはスチルの撮影にあたった 続きを読む
    ストーリー
    安達太良山のふもとにある小学校。四年三組の坂井安子先生は出産を間近に控え、代わりに産休先生として本間秀代がやってきた。秀代は戦前の教育を受け、戦時中まで教壇に立っていたが、今は二男一女の平凡な母親であった。しかし西川校長から事情を聞き、昔安子と同じような苦しい立場で教壇に立ったことのある秀代は、夫久平の反対を押しきって、この大任 続きを読む

(1966年/吉村公三郎)
14:40
「第五福竜丸」
監督
新藤兼人
    出演
    • 宇野重吉
    • 乙羽信子
    • 小沢栄太郎
    • 千田是也
    • 永田靖
    • 三島雅夫
    • 松本克平
    • 稲葉義男
    • 浜田寅彦
    • 永井智雄
    • 清水将夫
    • 内藤武敏
    • 原保美
    • 三井弘次
    • 嵯峨善兵
    • 中村是好
    • 森川信
    • 十朱久雄
    • 殿山泰司
    • ジョウ・ハーディング
    • ヨハン・ライクル
    • マリア・ウィリアムス
    • ピーター・ウィリアムス
    • 武田正憲
    • 小笠原章二郎
    • 松本染升
    • 島田屯
    • 笹川恵三
    • 木下陽
    • 松山照夫
    • 市村昌治
    • 広井以津子
    • 多摩桂子
    • 内田礼子
    • 眸瑠璃子
    • 桜井良子
    • 原ひさ子
    • 小峰千代子
    • 毛利菊枝
    解説
    日本人漁夫がビキニ環礁で遭遇した水爆実験の被害事件を描いたもので、『米』の八木保太郎と新藤兼人の脚本を、『悲しみは女だけに』の新藤兼人が監督した。撮影は植松永吉・武井大が担当。
    ストーリー
    一九五四年三月、焼津港を出た漁船第五福竜丸は、魚を求めてビキニ環礁のあたりにいた。乗組む二十三人の漁夫たちは、故郷に妻や恋人や親たちを持つ、平凡な人々だった。船長笠井太吉はわずか二十二歳の若さで、船の実権は漁撈長の見島民夫が握っていた。苦労人の無線長久保山愛吉は乗組員たちの信任を得ていた。三月一日の午前三時四十二分、乗組員たちは 続きを読む

16:50
「みんなわが子」
監督
家城巳代治
    出演
    • 桑山正一
    • 高津住男
    • 中原ひとみ
    • 辻伊万里
    • 三崎千恵子
    • 真山知子
    • 大森義夫
    • 富田仲次郎
    • 日野道夫
    • 島田敬一
    • 加藤土代子
    • 日岸喜美子
    • 田上嘉子
    • 北林谷栄
    • 赤木蘭子
    • 田湖章子
    • 陶隆司
    • 大町文夫
    • 上林詢
    • 溝口幸二
    • 桝谷一政
    • 小沢弘治
    • 小柴広吉
    • 森坂秀樹
    • 石関元
    • 吉田守
    • 石坂博
    • 新井慶次
    • 北邑長勤
    • 萩原宣子
    • 高橋千恵子
    • 松本美智子
    • 深沢裕子
    • 古屋美津代
    解説
    未来社版『学童疎開の記録』を植草圭之助が脚本化し、『若者たちの夜と昼』の家城巳代治が監督した全農映の第二回作品。撮影は『サムライの子』の井上莞。
    ストーリー
    昭和二〇年夏--。東京から国民学校の生徒たちが疎開してきている梨本市に突然空襲警報が鳴りわたった。そして避難する生徒たちのうえにB29はビラをまいていった。ビラは先生たちに回収されたが、もと旅館であった宿舎の梅村寮へ帰ってきた第三分団の生徒たちは、洋一がポケットへ隠しもってきたビラを読んで顔いろを変えた。ビラには米軍が沖縄を占領し 続きを読む

(1963年/家城巳代治)※16mm
18:40
「人間」

(1962年/新藤兼人)


8月19日-8月21日
12:50
「ヒロシマ1966」

(1966年/白井更生)○国立映画アーカイブ所蔵作品
14:40
「みんなわが子」
監督
家城巳代治
    出演
    • 桑山正一
    • 高津住男
    • 中原ひとみ
    • 辻伊万里
    • 三崎千恵子
    • 真山知子
    • 大森義夫
    • 富田仲次郎
    • 日野道夫
    • 島田敬一
    • 加藤土代子
    • 日岸喜美子
    • 田上嘉子
    • 北林谷栄
    • 赤木蘭子
    • 田湖章子
    • 陶隆司
    • 大町文夫
    • 上林詢
    • 溝口幸二
    • 桝谷一政
    • 小沢弘治
    • 小柴広吉
    • 森坂秀樹
    • 石関元
    • 吉田守
    • 石坂博
    • 新井慶次
    • 北邑長勤
    • 萩原宣子
    • 高橋千恵子
    • 松本美智子
    • 深沢裕子
    • 古屋美津代
    解説
    未来社版『学童疎開の記録』を植草圭之助が脚本化し、『若者たちの夜と昼』の家城巳代治が監督した全農映の第二回作品。撮影は『サムライの子』の井上莞。
    ストーリー
    昭和二〇年夏--。東京から国民学校の生徒たちが疎開してきている梨本市に突然空襲警報が鳴りわたった。そして避難する生徒たちのうえにB29はビラをまいていった。ビラは先生たちに回収されたが、もと旅館であった宿舎の梅村寮へ帰ってきた第三分団の生徒たちは、洋一がポケットへ隠しもってきたビラを読んで顔いろを変えた。ビラには米軍が沖縄を占領し 続きを読む

16:40
「人間」

19:00
「若者たち」

(1967年/森川時久)


8月22日-8月25日
13:00
「若者たち」

15:10
「こころの山脈」
監督
吉村公三郎
    出演
    • 宇野重吉
    • 山岡久乃
    • 県立本宮高校二年生
    • 本宮第一中学校三年生
    • 本宮小学校四年生
    • 吉行和子
    • 佐藤忠
    • 江角英明
    • 玉川伊佐男
    • 殿山泰司
    • 増田順司
    • 本宮小学校五年生
    • 奈良岡朋子
    • 荒井孝一郎
    • 田中筆子
    • 町田博子
    • 佐々木すみ江
    • 大方斐紗子
    • 津野哲郎
    • 阿部希郎
    • 本宮小学校五年生
    • 本宮小学校五年生
    • 本宮小学校四年生
    • 本宮小学校五年生
    • 上石政雄
    • 本宮町町民総出演
    解説
    『高原のお嬢さん』の千葉茂樹がオリジナル・シナリオを執筆、『越前竹人形』の吉村公三郎が監督した師弟愛を描いた社会ドラマ。撮影は杉田安久利。なお、これは俗悪映画の悪影響から子供たちを守ろうという、福島県本宮町のお母さんたちを中心とした、本宮方式映画製作の会が、近代映画協会の協力を得て製作したもので、製作にあたってはスチルの撮影にあたった 続きを読む
    ストーリー
    安達太良山のふもとにある小学校。四年三組の坂井安子先生は出産を間近に控え、代わりに産休先生として本間秀代がやってきた。秀代は戦前の教育を受け、戦時中まで教壇に立っていたが、今は二男一女の平凡な母親であった。しかし西川校長から事情を聞き、昔安子と同じような苦しい立場で教壇に立ったことのある秀代は、夫久平の反対を押しきって、この大任 続きを読む

17:40
「ドレイ工場」
監督
山本薩夫
監督
武田敦
    出演
    • 木村幌
    • 渡辺晃三
    • 横井徹
    • 津野哲郎
    • 小原義雄
    • 前田吟
    • 草薙幸二郎
    • 松山照夫
    • 陶隆司
    • 松田光弘
    • 岡島正和
    • 笠井一彦
    • 島津元
    • 植田峻
    • 宇野重吉
    • 高島史旭
    • 小杉勇二
    • 杉本孝次
    • 福原秀雄
    • 石倉喜八
    • 寄山弘
    • 富沢政男
    • 阿部希郎
    • 桑山正一
    • 鈴木瑞穂
    • 吉田義夫
    • 北林谷栄
    • 長谷川雄二
    • 中原早苗
    • 杉村春子
    • 日色ともゑ
    • 戸田春子
    • 志村喬
    • 河野秋武
    • 福山象三
    • 花沢徳衛
    • 中田皓二
    • 今西正男
    • 岸旗江
    • 赤座美代子
    解説
    労働旬報社の原作『東京争議団物語』を、『にっぽん泥棒物語』の武田敦と、PR映画畑の小島義史、それに監督新人協会砧支部が協力してシナリオ化し、『座頭市牢破り』の山本薩夫が総監督となり、武田敦が監督した実話。撮影は劇映画初の義江道夫と、『証人の椅子』の上村竜一。この映画の製作費は資金カンパにより労働組合、民主団体、個人で構成されたドレイ工場製作上映委員会によって作られた。
    ストーリー
    関東鉄工の労働者は、低賃金と劣悪な労勧条件の下で、ひそかに組合の結成準備を進めていた。ある日、会社の新体制運動で慣れないグレーンを動かした若い林が墜落死するという事故が起こった。この事故は労働者間に団結心をうえつける契機になり、林を連れて遊び回っていた谷山も、組合に入って会社側と闘う決心を固めた。非公然組合の委員長大村は、組合結 続きを読む

(1968年/山本薩夫、武田敦)


8月26日-8月28日
13:00
「ドレイ工場」
監督
山本薩夫
監督
武田敦
    出演
    • 木村幌
    • 渡辺晃三
    • 横井徹
    • 津野哲郎
    • 小原義雄
    • 前田吟
    • 草薙幸二郎
    • 松山照夫
    • 陶隆司
    • 松田光弘
    • 岡島正和
    • 笠井一彦
    • 島津元
    • 植田峻
    • 宇野重吉
    • 高島史旭
    • 小杉勇二
    • 杉本孝次
    • 福原秀雄
    • 石倉喜八
    • 寄山弘
    • 富沢政男
    • 阿部希郎
    • 桑山正一
    • 鈴木瑞穂
    • 吉田義夫
    • 北林谷栄
    • 長谷川雄二
    • 中原早苗
    • 杉村春子
    • 日色ともゑ
    • 戸田春子
    • 志村喬
    • 河野秋武
    • 福山象三
    • 花沢徳衛
    • 中田皓二
    • 今西正男
    • 岸旗江
    • 赤座美代子
    解説
    労働旬報社の原作『東京争議団物語』を、『にっぽん泥棒物語』の武田敦と、PR映画畑の小島義史、それに監督新人協会砧支部が協力してシナリオ化し、『座頭市牢破り』の山本薩夫が総監督となり、武田敦が監督した実話。撮影は劇映画初の義江道夫と、『証人の椅子』の上村竜一。この映画の製作費は資金カンパにより労働組合、民主団体、個人で構成されたドレイ工場製作上映委員会によって作られた。
    ストーリー
    関東鉄工の労働者は、低賃金と劣悪な労勧条件の下で、ひそかに組合の結成準備を進めていた。ある日、会社の新体制運動で慣れないグレーンを動かした若い林が墜落死するという事故が起こった。この事故は労働者間に団結心をうえつける契機になり、林を連れて遊び回っていた谷山も、組合に入って会社側と闘う決心を固めた。非公然組合の委員長大村は、組合結 続きを読む

16:10
「若者はゆく 続若者たち」
監督
森川時久
    出演
    • 田中邦衛
    • 橋本功
    • 山本圭
    • 佐藤オリエ
    • 松山政路
    • 木村夏江
    • 大塚道子
    • 福田豊土
    • 夏圭子
    • 石立鉄男
    • 中野誠也
    • 塚本信夫
    • 浅若芳太郎
    • 佐伯赫哉
    • 辻由美子
    • 樋口年子
    • 中島葵
    • 小石真喜
    • 尾瀬俊子
    • 伊藤克
    • 金内喜久夫
    • 中吉卓郎
    • 江守徹
    • 吉野敬子
    • 片山真由美
    • 吉永倫子
    • 米本善子
    • 倉田地三
    • 榎本光江
    • 峰千鶴子
    • 間島純
    • 森山司
    • 吉呑文雄
    • 井ノ口勲
    • 津田喬
    • 田中幸四郎
    • 大村文史
    • 遠藤剛
    • 鶴田忍
    • 原田芳雄
    • 三谷昇
    • うみずみのる
    • 土屋晋次
    • 西島悌四郎
    • 永井智雄
    • 浜田寅彦
    • 名古屋章
    解説
    『若者たち』のトリオ、山内久、森川時久、宮島義勇が脚本、監督、撮影を担当した青春もの。
    ストーリー
    出稼ぎのまま帰らぬ父、残された母みきと、辰夫との密交渉。純真な間崎ミツは、そんな母を許さず、自分自身だけを頼りに上京した。東京で働き、学び、生活する若者たち。佐藤家の五兄弟もそのひとりひとりだ。長兄の太郎は設計技師、親代りになって育てた弟妹も成長し、今では、マイホームを築くことに夢を託している。遠距離トラックの運転手次郎は、町子 続きを読む

(1969年/森川時久)
18:30
「日本春歌考」
監督
大島渚
    出演
    • 荒木一郎
    • 田島和子
    • 小山明子
    • 宮本信子
    解説
    添田知道が性に関する俗歌を収集した『日本春歌考』に題名を借りて、大島渚が監督した異色の風俗ドラマ。セクシャルな妄想と現実との間で出口を見失い、自己を喪失していく大学受験生たちの姿を通じて、国家や家族といった共同体と一個人との係わり、性の問題を強く打ち出している。こののち『儀式』『愛のコリーダ』という、それぞれの問題を究極にまでつきつめ 続きを読む

(1967年/大島渚)


8月29日-9月1日
13:00
「若者はゆく 続若者たち」
監督
森川時久
    出演
    • 田中邦衛
    • 橋本功
    • 山本圭
    • 佐藤オリエ
    • 松山政路
    • 木村夏江
    • 大塚道子
    • 福田豊土
    • 夏圭子
    • 石立鉄男
    • 中野誠也
    • 塚本信夫
    • 浅若芳太郎
    • 佐伯赫哉
    • 辻由美子
    • 樋口年子
    • 中島葵
    • 小石真喜
    • 尾瀬俊子
    • 伊藤克
    • 金内喜久夫
    • 中吉卓郎
    • 江守徹
    • 吉野敬子
    • 片山真由美
    • 吉永倫子
    • 米本善子
    • 倉田地三
    • 榎本光江
    • 峰千鶴子
    • 間島純
    • 森山司
    • 吉呑文雄
    • 井ノ口勲
    • 津田喬
    • 田中幸四郎
    • 大村文史
    • 遠藤剛
    • 鶴田忍
    • 原田芳雄
    • 三谷昇
    • うみずみのる
    • 土屋晋次
    • 西島悌四郎
    • 永井智雄
    • 浜田寅彦
    • 名古屋章
    解説
    『若者たち』のトリオ、山内久、森川時久、宮島義勇が脚本、監督、撮影を担当した青春もの。
    ストーリー
    出稼ぎのまま帰らぬ父、残された母みきと、辰夫との密交渉。純真な間崎ミツは、そんな母を許さず、自分自身だけを頼りに上京した。東京で働き、学び、生活する若者たち。佐藤家の五兄弟もそのひとりひとりだ。長兄の太郎は設計技師、親代りになって育てた弟妹も成長し、今では、マイホームを築くことに夢を託している。遠距離トラックの運転手次郎は、町子 続きを読む

15:00
「日本春歌考」
監督
大島渚
    出演
    • 荒木一郎
    • 田島和子
    • 小山明子
    • 宮本信子
    解説
    添田知道が性に関する俗歌を収集した『日本春歌考』に題名を借りて、大島渚が監督した異色の風俗ドラマ。セクシャルな妄想と現実との間で出口を見失い、自己を喪失していく大学受験生たちの姿を通じて、国家や家族といった共同体と一個人との係わり、性の問題を強く打ち出している。こののち『儀式』『愛のコリーダ』という、それぞれの問題を究極にまでつきつめ 続きを読む

17:10
「劇映画 沖縄」

(1970年/武田敦)※16mm


9月2日-9月4日
13:00
「劇映画 沖縄」

16:50
「キューバの恋人」
監督
黒木和雄
    出演
    • 津川雅彦
    • ジュリー・プラセンシア
    • アルマンド・ウルバチ
    • フランシスコ・カステイセーノ
    • ニコラス・ギリエン
    • ジャン・クロド
    解説
    黒木和雄の『とべない沈黙』につづく劇映画第二作。キューバ革命十周年を機に、キューバの国立映画芸術協会と合作したもの。
    ストーリー
    一九六八年の夏。キューバで漁業指導員をしているアキラは、ハバナの下町で混血娘マルシアに出会った。彼女は、煙草女工であり、銃を巧みに使いこなす筋金入りの女民兵でもあった。アキラは、故郷に旅発つマルシアの後を追って求愛の旅に出た。瀕発する反革命の陰謀に対する厳しい警戒態勢をとる灼熱のキューバの奥深くへと。無償で残業労働をする工場労働 続きを読む

(1969年/黒木和雄)
19:00
「若者の旗」
監督
森川時久
    出演
    • 田中邦衛
    • 橋本功
    • 山本圭
    • 佐藤オリエ
    • 松山政路
    • 石立鉄男
    • 夏圭子
    • 謙昭則
    • 稲葉義男
    • 入江洋佑
    • 中谷一郎
    • 井口恭子
    • 森幹太
    • 益田ひろ子
    • 高津住男
    • 土屋靖雄
    • 山口果林
    • 桜井勇子
    • 杉山とく子
    • 上田孝蔵
    • 渡辺晃三
    • 沢柳廸子
    • 前川哲男
    • 松本克平
    • 山崎直衛
    解説
    『若者たち』『若者はゆく -続若者たち-』に続く第三作。脚本、監督、撮影も前作と同じく、山内久、森川時久、宮島義勇がそれぞれ担当。
    ストーリー
    佐藤家の五人兄弟はそれぞれにさまざまな問題をかかえて生きていた。三郎は高等学校の教師をしていたが、校長と意見が合わずやめてしまい、今は昼間、出版社で働き、夜は夜間中学で教べんをとっていた。社会の底辺に置かれ少年たちも、それぞれの悪環境と戦いながら勉学に励んでいた。その中の一人、努少年は蒸発した父の借金返しに町工場でタダ働き同様に 続きを読む

(1970年/森川時久)


9月5日-9月8日
12:40 18:50
「心に花の咲く日まで」
監督
佐分利信
    出演
    • 芥川比呂志
    • 淡島千景
    • 杉村春子
    • 仲谷昇
    • 長岡輝子
    • 文野朋子
    • 飯田紀美夫
    • 加藤治子
    • 大久保知子
    • 丹阿弥谷津子
    • 北村和夫
    • 宮口精二
    • 賀原夏子
    • 三津田健
    • 龍岡晋
    • 戌井市郎
    • 北見治一
    • 加藤武
    • 樋口迪也
    • 中村伸郎
    • 荒川哲生
    • 荒木道子
    • 宮内順子
    解説
    『にごりえ』に続く文学座の第二作で『晩菊』の田中澄江の戯曲『ほたるの光』『赤いざくろ』をもとに作者自身と『警察日記』の井手俊郎が脚本を書き佐分利信が『叛乱』以来久しぶりに監督に当る。撮影は『放浪記 1954 』の藤井静。出演者は『にごりえ』にも出演した『おとこ大学 新婚教室』の淡島千景の他に芥川比呂志、杉村春子、丹阿彌谷津子、長岡輝子、文野朋子、宮口精二、仲谷昇、三津田健など文学座が総出演する。
    ストーリー
    都営住宅に住む笹山三吉は半年前に失職して以来赤ん坊のお守とレコードを聴くのが日課で妻のすず子がミシン踏みで家計を支えている。壁をへだてた隣の森下は夫の許を飛び出して年下の美青年志野と同棲している中年の美人で、毎日愚痴を云いに来る。すず子の友人原はお妾商売のインテリで三吉夫婦に贈物をするのが好きである。原はすず子を家政婦に世話した 続きを読む

(1955年/佐分利信)
14:50
「キューバの恋人」
監督
黒木和雄
    出演
    • 津川雅彦
    • ジュリー・プラセンシア
    • アルマンド・ウルバチ
    • フランシスコ・カステイセーノ
    • ニコラス・ギリエン
    • ジャン・クロド
    解説
    黒木和雄の『とべない沈黙』につづく劇映画第二作。キューバ革命十周年を機に、キューバの国立映画芸術協会と合作したもの。
    ストーリー
    一九六八年の夏。キューバで漁業指導員をしているアキラは、ハバナの下町で混血娘マルシアに出会った。彼女は、煙草女工であり、銃を巧みに使いこなす筋金入りの女民兵でもあった。アキラは、故郷に旅発つマルシアの後を追って求愛の旅に出た。瀕発する反革命の陰謀に対する厳しい警戒態勢をとる灼熱のキューバの奥深くへと。無償で残業労働をする工場労働 続きを読む

16:50
「若者の旗」
監督
森川時久
    出演
    • 田中邦衛
    • 橋本功
    • 山本圭
    • 佐藤オリエ
    • 松山政路
    • 石立鉄男
    • 夏圭子
    • 謙昭則
    • 稲葉義男
    • 入江洋佑
    • 中谷一郎
    • 井口恭子
    • 森幹太
    • 益田ひろ子
    • 高津住男
    • 土屋靖雄
    • 山口果林
    • 桜井勇子
    • 杉山とく子
    • 上田孝蔵
    • 渡辺晃三
    • 沢柳廸子
    • 前川哲男
    • 松本克平
    • 山崎直衛
    解説
    『若者たち』『若者はゆく -続若者たち-』に続く第三作。脚本、監督、撮影も前作と同じく、山内久、森川時久、宮島義勇がそれぞれ担当。
    ストーリー
    佐藤家の五人兄弟はそれぞれにさまざまな問題をかかえて生きていた。三郎は高等学校の教師をしていたが、校長と意見が合わずやめてしまい、今は昼間、出版社で働き、夜は夜間中学で教べんをとっていた。社会の底辺に置かれ少年たちも、それぞれの悪環境と戦いながら勉学に励んでいた。その中の一人、努少年は蒸発した父の借金返しに町工場でタダ働き同様に 続きを読む



ラピュタ阿佐ヶ谷 《戦後独立プロ映画のあゆみ-力強く》 どっこい生きてる/村八分/蟹工船/若い人たち/乳房を抱く娘たち/長崎の子/千羽鶴/浮草日記/人間みな兄弟/第五福竜丸/ドレイ工場/日本春歌考/キューバの恋人/ほか全39本

movie


投稿者:管理人




ラピュタ阿佐ヶ谷の上映予定

もっと見る

ただいま上映中!!(2018年11月21日)
■月間スケジュール■ 11月 12月 1月 
早稲田松竹
池袋新文芸坐

2018-11月の特集上映!

※日時の変更の可能性も有りますので、公式サイトをご確認ください。

■月間スケジュール■ 11月 12月 1月 

シネマブルースタジオ
11/7(水)~11/20(火)
早稲田松竹
池袋新文芸坐
■月間スケジュール■ 11月 12月 1月 

【更新履歴】

ブログをはじめました。映画の上映情報、イベントの開催情報、ヨモヤマ話などを書いていけたらと思います。

■予定をつぶやけるボタンを設置しました。メモやリマインダー代わりにお使いください。

■管理人より

どうもご来場ありがとうございます。こちらのページは、主に今日行われる名画座映画館での映画の情報を表示しています。http://www.cheapculuretokyo.comにアクセスしてもらえれば自動的にアクセスした日=「今日の名画座」情報を展示します。http://wwww.cheapculuretokyo.com/でブックマークお願い致します。

twitterのアカウントは@meigaza_todayです。もともと関東名画座情報BOT@meiga_zaを3年ぐらい前に始めたのですが、今は別の人にお譲りして、兄弟アカウントとして運営しています。

また、まだβ版ですが、都内の書店やCD屋などのインストアイベントの情報を集めたページもひっそりと公開しています。まだまだ数が全然少ないです。モットーは「今日、都内(もしくは関東)で安く遊べる所」を紹介するサイトにしていけたら、と思います。

そういう気持ちで cheapculuretokyo.com(=cheap culture tokyo)のドメインに変更しました。以前のドメインでブックマークされてた方は、自動的にcheapculuretokyo.comにつながるようにしてありますのでご容赦ください。

また、何かアイデアがございましたら、@meigaza_todayまでお知らせお願いします。






アーカイブ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30