1/4(水)~2/3(金)

《没後40年 女優・田中絹代》

公式サイト

場所     神保町シアター


1月4日(水)
「マダムと女房」

「恋の花咲く 伊豆の踊子」

「非常線の女」



1月5日(水)
「愛染かつら」

「マダムと女房」

「愛染かつら」



1月6日(水)
「愛染かつら」

「恋の花咲く 伊豆の踊子」

「マダムと女房」



1月7日(水)
「愛染かつら」

「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む

「簪」

「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む



1月8日(水)
「マダムと女房」

「恋の花咲く 伊豆の踊子」

「非常線の女」

「簪」



1月9日(水)
「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む

「簪」

「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む

「マダムと女房」



1月10日(水)
「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む

「マダムと女房」

「愛染かつら」

「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む



1月11日(水)
「簪」

「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む

「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む

「簪」



1月12日(水)
「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む

「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む

「簪」

「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む



1月13日(水)
「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む

「簪」

「夜の女たち」
監督
溝口健二
    出演
    • 田中絹代
    • 高杉早苗
    • 角田富江
    • 宮本民平
    • 藤井貢
    • 永田光男
    • 槙芙佐子
    • 林喜美枝
    解説
    『情炎(1947)』『女優(1947)』の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し『女優須磨子の恋』につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は『女優須磨子の恋』『不死鳥』の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。
    ストーリー
    敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは『金が欲しいおまんのやったら……』とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住ん...続きを読む

「風の中の牝鶏」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐野周二
    • 田中絹代
    • 三宅邦子
    • 笠智衆
    • 村田知栄子
    • 文谷千代子
    • 東野英治郎
    • 長船フジヨ
    • 青木放屁
    • 長尾敏之助
    • 岡村文子
    • 清水一郎
    • 三井弘次
    • 坂本武
    • 谷よしの
    解説
    『受胎』につぐ久保光三の製作で、『シミキンの結婚選手』の斎藤良輔と小津安二郎の協同脚本を『長屋紳士録』以来の小津安二郎が終戦後第二回作品として監督する。カメラは『長屋紳士録』の厚田雄春が『旅裝』についで担当。主演は『噂の男』『追跡者』につぐ佐野周二と『夜の女たち』につぐ田中絹代で、『富士山頂(1948)』『肖像』の三宅邦子、『手をつなぐ子等...続きを読む
    ストーリー
    間借り生活の時子は、小さい浩をかかえ、まだ復員してこぬ夫修一の帰りを待ちわびていた。時子は頼りにしている友達秋子を時折訪ねては一枚、二枚の着物を託し、それを同じアパートの織江に買ってもらうのだった。今日も時子は秋子を訪れた。織江はそうした時に『時子さん、きれいだからその気になりゃ、こんなことしなくってもいいのに--』というのだ。...続きを読む



1月14日(水)
「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる

「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」



1月15日(水)
「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」

「流れる」



1月16日(水)
「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」

「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる

「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。



1月17日(水)
「煙突の見える場所」

「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる

「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む



1月18日(水)
「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる

「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」



1月19日(水)
「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」

「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる



1月20日(水)
「銀座化粧」
    出演
    • 田中絹代
    • 西久保好汎
    • 花井蘭子
    • 小杉義男
    • 東野英治郎
    • 津路清子
    • 香川京子
    • 春山葉子
    • 明美京子
    • 落合富子
    • 岡龍三
    • 堀雄二
    • 清川玉枝
    • 柳永二郎
    • 三島雅夫
    • 小倉繁
    • 竹中弘正
    • 田中春男
    解説
    製作は『若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷』『女左膳』の伊藤基彦、井上友一郎の原作を『桃の花咲く下で』の岸松雄が脚色し、『薔薇合戦』の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、『おぼろ駕篭』の田中絹代、『桃の花咲く下で』の花井蘭子、『赤い鍵』の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。
    ストーリー
    雪子は、十何年銀座で女給をしている女である。焼け残った新富町界隈の長唄の師匠杵屋佐久の二階を借りて、昔の情人藤村との間の子供春雄と暮らしている。その藤村は、戦後落ちぶれて、相変わらず雪子に小使銭をせびりにくる有りさまだった。昔の朋輩静江は、葛西という関西商人の世話になってのんきに暮らしているが、いつも雪子に旦那を持てとすすめるの...続きを読む

「煙突の見える場所」

「花籠の歌」
監督
五所平之助
    出演
    • 田中絹代
    • 河村黎吉
    • 高峰秀子
    • 笠智衆
    • 徳大寺伸
    • 佐野周二
    • 出雲八重子
    解説
    ネオンきらめく銀座裏の夜。トンカツ屋の看板娘をめぐる若いコックや女中、常連の大学生の恋の綾を通して都会人のそこはかとないペーソスを詠う巧微な風俗詩。監督は五所平之助。原作は岩崎文隆。出演は田中絹代、徳大寺伸、出雲八重子、笠智衆、佐野周二ほか。(10巻)
    ストーリー
    ※ストーリーは割愛します。... 全文を読む(ネタバレを含む場合あり) 閉じる

「宗方姉妹」
監督
小津安二郎
    出演
    • 田中絹代
    • 高峰秀子
    • 山村聰
    • 上原謙
    • 高杉早苗
    • 笠智衆
    • 堀雄二
    • 斎藤達雄
    • 藤原釜足
    • 坪内美子
    • 一の宮あつ子
    • 堀越節子
    • 千石規子
    • 河村黎吉
    解説
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。



1月21日(水)
「流れる」

「黄色いからす」

「丈夫さんより 女体は哀しく」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む



1月22日(水)
「黄色いからす」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む

「流れる」

「丈夫さんより 女体は哀しく」



1月23日(水)
「丈夫さんより 女体は哀しく」

「流れる」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む

「黄色いからす」



1月24日(水)
「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む

「丈夫さんより 女体は哀しく」

「黄色いからす」

「流れる」



1月25日(水)
「流れる」

「黄色いからす」

「丈夫さんより 女体は哀しく」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む



1月26日(水)
「黄色いからす」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む

「流れる」

「丈夫さんより 女体は哀しく」



1月27日(水)
「丈夫さんより 女体は哀しく」

「黄色いからす」

「彼岸花」
監督
小津安二郎
    出演
    • 佐分利信
    • 田中絹代
    • 有馬稲子
    • 桑野みゆき
    • 佐田啓二
    • 浪花千栄子
    • 山本富士子
    • 中村伸郎
    • 清川晶子
    • 北龍二
    • 笠智衆
    • 久我美子
    • 高橋貞二
    • 桜むつ子
    • 渡辺文雄
    • 十朱久雄
    • 長岡輝子
    • 菅原通済
    • 江川宇礼雄
    • 橘一枝
    解説
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。『東京暮色』以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、『若い広場』の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。
    ストーリー
    大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や...続きを読む

「流れる」



1月28日(水)
「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む

「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む

「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む



1月29日(水)
「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む

「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む

「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む



1月30日(水)
「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む

「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む

「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む



1月31日(水)
「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む

「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む

「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む

「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む



2月1日(水)
「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む

「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む

「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む



2月2日(水)
「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む

「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む

「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む



2月3日(水)
「サンダカン八番娼館 望郷」
監督
熊井啓
    出演
    • 栗原小巻
    • 高橋洋子
    • 田中絹代
    • 水の江瀧子
    • 水原英子
    • 藤堂陽子
    • 柳川由紀子
    • 中川陽子
    • 梅沢昌代
    • 田中健
    • 小沢栄太郎
    • 神保共子
    • 砂塚秀夫
    • 中谷一郎
    • 浜田光夫
    • 岩崎加根子
    • 牧よし子
    解説
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している『朝やけの詩』の熊井啓、撮影は『ザ・ゴキブリ』の金宇満司がそれぞれ担当。
    ストーリー
    女性史研究家・三谷圭子は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキが現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは三年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然...続きを読む

「楢山節考」
監督
木下惠介
    出演
    • 田中絹代
    • 高橋貞二
    • 望月優子
    • 市川団子
    • 小笠原慶子
    • 東野英治郎
    • 宮口精二
    • 伊藤雄之助
    • 鬼笑介
    • 高木信夫
    • 三津田健
    • 織田政雄
    • 小林十九二
    • 西村晃
    • 末永功
    • 本橋和子
    • 吉田兵次
    解説
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は『風前の灯』の木下恵介、撮影も同じく『風前の灯』の楠田浩之が担当した。主演は『悲しみは女だけに』の田中絹代、望月優子、『その手にのるな』の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。
    ストーリー
    山また山の奥の日陰の村。--六十九歳のおりんは亭主に死に別れたあと、これも去年嫁に死なれた息子の辰平と孫のけさ吉たちの世話をしながら、息子の後妻をさがしていた。村では七十になると楢山まいりに行くことになっていた。楢山まいりとは姥捨のことである。働き者のおりんはお山まいりの支度に余念ない。やがて村一番の行事である楢山祭りの日、隣村...続きを読む

「恋文」
監督
田中絹代
    出演
    • 森雅之
    • 加島春美
    • 夏川静江
    • 宇野重吉
    • 久我美子
    • 香川京子
    • 田中絹代
    • 関千恵子
    • 中北千枝子
    • 花井蘭子
    • 木下惠介
    • 道三重三
    解説
    田中絹代の第一回監督作品で、朝日新聞に連載された丹羽文雄の原作を、『日本の悲劇』の木下恵介が脚色している。撮影は『明日はどっちだ』の鈴木博、音楽は『南十字星は偽らず』の斎藤一郎の担当。キャストは『蟹工船』の森雅之、『地の果てまで』の久我美子、『東京物語』の香川京子、『お母さんの結婚』の加島春美、『雨月物語』の田中絹代などである。
    ストーリー
    兵学校から南海の空へ、そして今生きのびて故国の土を踏んだ礼吉がただ一つ思いしめて来たのは最愛の人道子だった。風の便りに彼女は夫と死に別れ上京しているとは聞いていたが。礼吉は上京して書籍ブローカーの弟洋のアパートへ身を寄せ、戦友山路の世話で洋妾の恋文代筆業をしながら、道子の行方を求めた。五年の歳月を一瞬にかけた日はとうとうやって来...続きを読む

「乳房よ永遠なれ」
監督
田中絹代
    出演
    • 月丘夢路
    • 葉山良二
    • 織本順吉
    • 川崎弘子
    • 大坂志郎
    • 安部徹
    • 田島義文
    • 森雅之
    • 杉葉子
    • 北原文枝
    • 木室郁子
    • 田中絹代
    • 坪内美詠子
    • 呉藤孝行
    • 植木マリ子
    • 飯田蝶子
    • 左卜全
    • 坂井美紀子
    • 芳川千鶴
    • 光沢でんすけ
    • 相馬幸子
    • 志賀夏江
    • 菊野明子
    • 浦島久恵
    解説
    若月彰、中城ふみ子の原作を『心に花の咲く日まで』の共同脚色者の一人田中澄江が脚色し、『月は上りぬ』の田中絹代が監督、『こころ』の藤岡粂信が撮影を担当する。主なる出演者は『自分の穴の中で』の月丘夢路、『こころ』の森雅之、『志津野一平 愛欲と銃弾』の大坂志郎、『くちづけ(1955)』第一話の杉葉子、『王将一代』の田中絹代、『少年死刑囚』の木室郁子、新人葉山良二(二十八年度ミスター平凡)など。
    ストーリー
    安西茂との不幸な結婚生活に終止符をうったふみ子は、二児を抱えて実家に戻った。たまたま、ふみ子とは幼友達のきぬ子の良人森卓が外地から引揚げて来たのを機に、北海タイムスの山上家では短歌のつどいが催され、勧められるままに何首かを詠んだふみ子は絶讃を浴びた。その夜、見送りの途すがら、森のかけた激励の言葉は、ふみ子の心に明るい灯をともした...続きを読む



神保町シアター 《没後40年 女優・田中絹代》 マダムと女房/非常線の女/風の中の牝鶏/夜の女たち/宗方姉妹/煙突の見える場所/黄色いからす/彼岸花/恋文/サンダカン八番娼館望郷/ほか全19本

movie


投稿者:管理人




神保町シアターの上映予定

もっと見る

ただいま上映中!!(2017年05月26日)
■月間スケジュール■ 5月 6月 7月 
キネカ大森
ユジク阿佐ヶ谷
ラピュタ阿佐ヶ谷
早稲田松竹
池袋新文芸坐
目黒シネマ
神保町シアター
飯田橋ギンレイホール

2017-05月の特集上映!

※日時の変更の可能性も有りますので、公式サイトをご確認ください。

■月間スケジュール■ 5月 6月 7月 

キネカ大森
シネマブルースタジオ
シネマート新宿
ユジク阿佐ヶ谷
下高井戸シネマ
早稲田松竹
池袋新文芸坐
目黒シネマ
神保町シアター
飯田橋ギンレイホール
■月間スケジュール■ 5月 6月 7月 

【更新履歴】

ブログをはじめました。映画の上映情報、イベントの開催情報、ヨモヤマ話などを書いていけたらと思います。

■予定をつぶやけるボタンを設置しました。メモやリマインダー代わりにお使いください。

■管理人より

どうもご来場ありがとうございます。こちらのページは、主に今日行われる名画座映画館での映画の情報を表示しています。http://www.cheapculuretokyo.comにアクセスしてもらえれば自動的にアクセスした日=「今日の名画座」情報を展示します。http://wwww.cheapculuretokyo.com/でブックマークお願い致します。

twitterのアカウントは@meigaza_todayです。もともと関東名画座情報BOT@meiga_zaを3年ぐらい前に始めたのですが、今は別の人にお譲りして、兄弟アカウントとして運営しています。

また、まだβ版ですが、都内の書店やCD屋などのインストアイベントの情報を集めたページもひっそりと公開しています。まだまだ数が全然少ないです。モットーは「今日、都内(もしくは関東)で安く遊べる所」を紹介するサイトにしていけたら、と思います。

そういう気持ちで cheapculuretokyo.com(=cheap culture tokyo)のドメインに変更しました。以前のドメインでブックマークされてた方は、自動的にcheapculuretokyo.comにつながるようにしてありますのでご容赦ください。

また、何かアイデアがございましたら、@meigaza_todayまでお知らせお願いします。






アーカイブ

2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31