ジャン・ピエール・ジュネ監督「天才スピヴェット」を見てきた!

ジャン・ピエール・ジュネ監督「天才スピヴェット」を見てきた。

あらすじ
(yahoo映画より)
天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に授けられるベアード賞受賞を知らせる電話が。授賞式に出席するため、彼はたった1人で家のあるモンタナからワシントンへ旅立つことに。さまざまな出来事や人々と出会いながら、カウボーイの父親、昆虫博士の母親、アイドルを目指している姉、事故によってこの世を去った弟へ思いをはせるスピヴェット。やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。

「アメリ」では主人公のアメリの妄想を緻密に、ややグロテスクに描写したジャン・ピエール・ジュネ監督。本作では少年の心象風景を3Dで描き出す。特に一卵性双生児の亡くなった弟はよく登場する。生前は体格や運動神経の点で劣っているため主人公TSはコンプレックスをいだき、一緒に遊んでいて銃の暴発で亡くなってからは罪の意識を感じており、旅の途中で弟が「いつも一緒だよ」と出てくる。授賞式のスピーチの段になってようやく弟への罪の意識を言葉に出来た。私は思わず泣きそうになった。ささやかなコンプレックスを抱きつつ、誰よりも仲がよく、自分のせいで亡くなったかもしれないという、複雑な感情。

主人公の名前はT・S・スピヴェット。T・Sとはテカムセ・スパロウ・スピヴェット。ライフラーセン「天才スピヴェット君」を原作としている。

映画では本人の名前「スパロウ(=スズメ)」が話の肝になる。TSが旅に出た時、トゥー・クラウズという男にであい、スピヴェットにおばあさんから聞いた「松の木の話」をした。

「昔々、スズメの親子がいて、親は病気にかかってしまった。子どもたちを南に行かせて冬をこすことにした。オークや桃、柳などの木たちはスズメを木の中に泊めることをいやがったけど、松の木だけはスズメを冬から守ってくれた。
神様はスズメを守らなかった罰として、ほかの木を冬に枯れされることにした。」

TSは科学的な考証を交えて反論する。

「松の木の針葉はスズメのような大きさの鳥を温めることができない。おばあさんは嘘をついたんだね」

TSのスパロウ(=スズメ)と言うのはこの物語になぞらえられる。TS自身が松の木を探すたびに出ていたのだ。

そうすると、最後にTSにとっての松の木が現れた事がわかる。

ところで、主人公のテカムセってどこの国の名前だろう?と思い調べてみたが、Tecumsehとはショーニー族の言葉で「流れ星」、または「天空を横切る豹」、「待ち伏せしている豹」という意味を持ち、実在するネイティブアメリカンのショーニー族の戦士、または酋長で、白人への植民地抵抗運動のシンボル的人物でもあるとのこと(wikipediaによる)。古典的カウボーイの父親はネイティブアメリカンの血筋なんだろうか。

余談:主人公のTS役の子役のカイル・キャトレット君は6か国語を話すことができ、マーシャルアーツ(武道)の選手権で7歳以下部門の世界チャンピオンに3年連続で輝いた経歴を持つとのこと(cinra.netより)。文武両道で本当に天才らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です