1418

映画秘宝にパンチ古澤こと元20世紀FOXの古澤利夫のインタビューが載っている件について

映画秘宝を最近買ってないので久々に買おうと書店まで行って立ち見したら、元20世紀FOXの古澤利夫氏(通称:パンチ古澤)のインタビューが載っていたので驚いた。

DSC_0177

映画秘宝といえば、「スターウォーズ・エピソード1」の時に画像をコラージュして使ったりしたために20世紀FOXを出入り禁止になったり(1年間20世紀FOXの写真はイラストに置き換えられたとか)、それでも取りも直さずファビュラス・バーカー・ボーイズ(映画批評家の町山智浩氏と柳下毅一郎氏)に取り上げられ、こと古澤利夫はパンチ古澤と呼ばれ、「古澤利夫さんの映画人生40年を祝う会」に柳下毅一郎氏が行った件などが書かれていた。

今その当該箇所を正確に記述しようとしたんだが、「ファビュラス・バーカー・ボーイズ 映画欠席裁判 3」が手元になぜか見つからない。アマゾンのリンクを張っておくので買ってください。(映画欠席裁判は映画ファンが読むと脳内麻薬のような何かが出るのでお勧めです。)

その後も町山智浩氏は、スターウォーズエピソード3について寄稿した批評を20世紀FOXが添削・検閲され、頭にきたのかその添削原稿をそのままアップし、こう書き添えたり。

2005-06-11 オレの書いた「スターウォーズ」評を配給会社が検閲!

あと、ヘンなのは、その配給会社もふだんはこんなに無茶なことを言う会社ではないんだよ。最近はね。
でも、「ファントム・メナス」の頃は、ヤクザみたいな態度の人が君臨して、やたらと圧力かけてたんだ。
そのパンチパーマの男は5年くらい前にいろいろあって独立したんだけど、今回はなんか、そいつがまた復活したような気がするんだよね。
そいつこそシスなんだよ!

さて、映画秘宝6月号の古澤利夫氏インタビューでは、冒頭の古澤氏の

古澤 『映画秘宝』、存じ上げております。もう何年になるの?
— 95年にムックが創刊されたので、まもなく20年になります。
古澤 継続は力だね。(3月号表紙を見ながら)『パシフィック・リム最高だったよね。こういうジャンル映画を扱う雑誌は大事ですよ

と和やかな滑り出しからの70年代の『スターウォーズ』4-6の宣伝秘話が綴られています。

やっぱり、直球で色々書かないよね。
なんだかこの間の笑っていいともの最終回で、ダウンタウンととんねるずとナインティナインと爆笑問題が一同に現れ緩く邂逅したあの感じを思い出しました。(お笑いファン以外には通じないネタで恐縮だが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です