【動画】いろんな映画の「長まわし」シーンをまとめてみた。

今日は先日の投稿

【動画】 驚きの映画の撮影技法ベスト20 + 解説

から思いつきで、youtubeにある「驚きの長まわし」をまとめてみたいと思います。

長まわしとは、始まりから終わりまでがが異常に長いカットのことです。

特にここではワンテイクの間にカメラアングルが目まぐるしく変わったり、あるいはカメラアングルは変わらないけど人物がせわしなく動いたりする、独特の緊張感や活性感をもたらす長まわしに着目しています。

長回しフェチの方もそうでない方も、見ていってください。

※映画の途中のシーンがでますのでネタバレを危惧される方はご遠慮ください。

かっこいい長まわし

「黒い罠」の長まわし


とにかくセットのでかさ、移動距離の多さゆえの立体感、リッチ感が漂います。

「ブギーナイツ」オープニングショット


エモーションズの「ベスト・オブ・マイ・ラブ」とともにイキイキとした70年代を活写します。

「グッドフェローズ」のクラブ・コパカパーナ


「ブギーナイツ」のポール・トーマス・アンダーソンが影響を受けていると言われます。

「キル・ビル」青葉屋の360度縦横無尽の長まわし


登場人物を水平に追いかけるだけじゃなく、途中で真上から追いかけたり。

CGによる有り得ない長まわし

「CGで繋いだのは長まわしとはいわん!」派の人もいるかとは思いますが。

「パニック・ルーム」デヴィッド・フィンチャー監督


鍵穴やケトルの取手を通り抜けるショットなど、有り得ない長まわしをCGによって可能にしています。
こちらが種明かし↓

「ゼロ・グラヴィティ」の爆発シーン


同じアルフォンソ・キュアロン監督の「トゥモロー・ワールド」もすごい長まわしで有名ですが、「ゼロ・グラビティ」の静かな宇宙から一転して、爆発して登場人物がアチラコチラに散らばるこのシーンもすごいと思います。

長回しデッドゾーン(どうやって撮影したんだよ!)

「トム・ヤン・クン」のレストランファイト


トニー・ジャーが、4階の螺旋階段を登り、敵をなぎ倒していきます。敵を倒し、時には階下に突き落としたりします。スタントマンも命がけです。(4分間)

「怒りのキューバ」の葬式のシーン


ずっと見てててください。どうやって撮影しているのか本当にわからないです。
一階の葬式シーン→
クレーンで四階へ→
四階にて国旗越しに葬列を見下ろす→
と、飛んでる?カメラが飛んでる??

それでも満足できない長まわしマニアの方へ

「ロープ」


ヒッチコックの「ロープ」は全てワンシーンで撮られた長回しづくしの映画です。
当時のフィルムは10分位が限界だったので、長まわしを10分で打ち切り、劇中の物を大写しにして、次へとカットを繋いでます。

「エルミタージュ幻想」


「ロープ」よりも完璧な「長まわし」にこだわる方は、アレクサンドル・ソクーロフ監督の「エルミタージュ幻想」を!空前絶後の90分ワンカットです。(撮影は1日、本番1回だそうです)


本当は相米慎二とかも入れたかったし、非英語圏のものも探したかったけど、youtubeになかったので。

【動画】 驚きの映画の撮影技法ベスト20 + 解説

映画のいろいろな驚きの撮影技法をコンパクトに1つの動画になっていたので、紹介します。
大学生が授業のために制作したとのことです。映画学校の生徒かな。

驚きの映画技法TOP 20

1.「トゥモロー・ワールド」のdoggicamでの長まわし

doggicamは車の天井にぶら下がったモーションコントロールカメラで、狭い車内を縦横無尽に行き来するモノのようです。テスト撮影はこちら

2.「トゥモロー・ワールド」の長まわしトラッキング・ショット

トラッキング・ショットは人物を追いかけ回すショットですね。長まわしとともに用いられる事が多いです。特に手ブレのカメラでの長まわしが「トゥモロー・ワールド」には多かったような。

3.「つぐない」のステディカムとロングショット

「トゥモロー・ワールド」とは対照的なブレのないステディカムで、対象を追いかけるのではなくどんどん引いてくことによって見える範囲が広がるパターンですね。

4.「スターウォーズ/あらたなる希望」の有り得ないエスタブリッシング・ショット

エスタブリッシング・ショットをは、「状況設定ショット」とも言われ、映画の冒頭に位置関係や、時間などを観客に見せておくショットのこと。後にアクションシーンなどで編集が細かくなるにつれ特に位置関係がわからなくなるため。で、スター・ウォーズは、スペース・ファンタジーを宣言するとともに星間の位置関係を抑えるショットを冒頭に持ってきてるのが凄いのだと思われます。

5.「ロード・オブ・ザ・リング」のエスタブリッシング・ショット

これも中つ国で起こるファンタジーのであることを宣言しつつ、村の位置関係を示すショットかと。

6.「カウボーイ & エイリアン」のパン

パンは水平にカメラの視点が移動することですが、長くゆっくりなパンに、オープニングクレジットがかさなり、終わりにいきなりダニエル・クレイグが起き上がる。

7.「レザボアドッグス」の見上げるショット

車のトランクから、登場人物を見上げるショット。つまりここに人がいることを暗示しているわけですね。

8.「市民ケーン」のクレーン・アップ

クレーンで垂直に上に移動しながらのショット

9.「ミッション・インポッシブル」のダッチ・アングル

ダッチ・アングルは、水平ではなく斜めにずれたアングルで、カメラの対象の不安定な心情を表す時に使われます。このシーンはとても好きです。

10.「ショーン・オブ・ザ・デッド」のフランティック・ズーム

フランティック・ズームについて調べましたが、よく分からず。。おそらく1つの対象の大きさを固定しながら背景がズームで移動することだと思うのですが・・・。

11.「クローバーフィールド」のPOV

POVは説明不要かと思いますが、一人称視点のカメラのことです。つまり、劇中で登場人物がカメラで映している、というものです。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以降(「食人族」以降という説も)増えました。

12.「インセプション」の特殊撮影

回転する無重力空間を表すために、ホテルの廊下ごとグルグル回る大掛かりなセットを作りました。

13.「ゾンビランド」のスローモーション

オープニングの血反吐やこぼれるジュースの飛沫まで細かく撮影したスローモーション。

14.「キル・ビル」のパノラミック・トラベリング

「パノラミック・トラベリング」はこれそのものの意味は調べきれませんでしたが、まぁ360度縦横無尽の長まわしのことだと思います。すごいです。大好きです。ちょっとそのシーンをおさらいで見てみましょうよ↓

15.「キル・ビル」の水平パン

うーん。これもよくわからない。パンってふつう水平に行うんじゃないのかな、と思ったらyoutubeでも沢山ツッコミがあった。動画製作者は何が言いたかったのだろう。

16.「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」の高いアングルからの斜めスローモーション

そのままです。

17.「2001年宇宙の旅」のカットのつなぎ

類人猿が投げた骨が宇宙船に変わるカットのつなぎ。有名ですね。

18.「2001年宇宙の旅」のカメラの回転

無重力感を出すためのカメラの回転ですね。

19.「リミットレス」のリミットレス・ズーム

際限ないズームですね。この映画は知らなかったです。

20.エミネムの「スペルバウンド」PVのスプリット・スクリーン

うーん。これ、カーティス・ハンソンの「8mile」とエミネムのPVを間違えてるんですね。しかもスプリット・スクリーンの話するなら、ブライアン・デ・パルマでしょ・・・。


以上、驚きの映画の撮影技法Top 20でした。動画の翻訳を書いていて途中で気づいたのですが、youtubeのコメント欄に「映画史的に◯◯がないとは考えられない」みたいなツッコミ多数でした。確かに、ほとんどが2000年代の映画ですしね。まぁ、若い人が考えたということで。。パート2もあるのでそのうち、翻訳します。

キューブリック、スコセッシ、コーエン、タランティーノ、レフン、PTA、ギレルモ、、好きな監督の全作品をサクッと1本の動画で味わいたいとき

様々な映画監督の全ての作品を再編集して、一つの動画に収めているyoutubeの動画職人Joel Walden氏のThe Worksシリーズを紹介します。カナダ出身でロサンゼルスで働くの若干22歳だそうです。

とにかく音楽・編集・モノローグが小気味よいのです。映画の予告編のようです。

以下の監督のファンの人は一目見てみてください。

スタンリー・キューブリック

マーティン・スコセッシ

コーエン兄弟

クエンティン・タランティーノ

ポール・トーマス・アンダーソン

ニコラス・ウィンディング・レフン

ギレルモ・デル・トロ

エドガー・ライト

J.J.エイブラハムズ

ダーレン・アロノフスキー

テレンス・マリック


スタンリー・キューブリック

マーティン・スコセッシ

コーエン兄弟

クエンティン・タランティーノ

ポール・トーマス・アンダーソン

ニコラス・ウィンディング・レフン

ギレルモ・デル・トロ

エドガー・ライト

J.J.エイブラハムズ

ダーレン・アロノフスキー

テレンス・マリック


他にもジェームズ・キャメロン、サム・メンデス、ライアン・ジョンソンなど他の監督の映画もあります。Joel Waldenのyoutubeアカウントで探してみてください!!

ジミー・キンメルに復讐するマット・デイモン withロビン・ウィリアムズ、ニコール・キッドマン、ゲイリー・オールドマン、エイミー・アダムス、リース・ウィザースプーン他

前回の記事

「マット・デイモンさん、すいません。時間がありません」マット・デイモンをコケにし続けるジミー・キンメル・ライブの10年史

の続きです。
ずーっと「マット・デイモンさんすいません。あなたの時間がありません」とジミー・キンメルに番組終わりに言われゲストに呼ばれてもいないのに『出演拒否』され、コケにされ続けたマット・デイモンが仕返しをするチャンスがやって来ました。

マット・デイモンがジミー・キンメル・ライブを乗っ取りました。昨年2013年の1月24日の放送です。

全てyoutubeのJimmy Kimmel Liveのアカウントに動画があったので、ジミー・キンメルとマット・デイモンの関係をメインに紹介します。

オープニング映像

0:26
マット・デイモン
「へへへへ(不気味な笑い)。『時間がありません』『時間がありません』ってか。今日は君の為の『時間がない』んだよ・・・」

緊縛され、椅子に括りつけられたジミー・キンメル。

1:17
乗っ取りのタイトルは「Jimmy kimmel sucks!(ジミー・キンメル最低!)」
今夜の出演者は全部マット・デイモン!

2:45
マット・デイモン
「ジミーはこの番組で僕を1205回出演拒否しました。どの回も楽屋で待っていたのに「マット・デイモンさん、すいません。時間がありません」と言われ続けました。ようやくこの時がやって来ました。童貞を失った時のような気持ちです

※当然「楽屋で待っていた」のは嘘です

いつもの出演者を解雇

番組の出演者で、ジミー・キンメルの手下のギレルモを解雇。アンディ・ガルシアに置き換え。
以降、アンディ・ガルシアはマット・デイモンの手下として、ギレルモのモノマネをしながら出演。また、バンドリーダーのクレトーを解雇、シェリル・クロウに置き換え。

マット・デイモンの盟友登場

マット・デイモン
「ジミーはそんなにヤなやつじゃない。面白いし、賢いし、家族思いだし、恋人を大事にするし、、、て何読ますんだよ!俺はこんなカンペ書いてないぞ」↓

カンペ持ちはベン・アフレックだった!

ベン・アフレック
「俺はジミーを裏切れないよ!」

※ジミー・キンメルとベン・アフレックにはこんなことがありました。

さらに豪華カメオ続々!”マット・デイモンとヤリまくり”のアンサーソング with ベン・アフレック

そして、、今日この記事を書かなきゃと思ったのはこの動画のためでした。


マット・デイモン
「夜のトークショーでは、ホストが時事ネタジョークを言うのが通例ですが、僕はスタンダップコメディアンではありません。Siriに聞いてみましょう。」「Siri、世界一面白いコメディアンは誰?」
Siri
ジミー・キンメルではないことは間違いありません。全然面白くないです。最低です。ゴミ人間です。
マット・デイモン
当然だよね。この近辺で来てくれそうなコメディアンを探して」
Siri
「検索中です。・・・あなたの近くに発見しました。」
マット・デイモン
「じゃあ呼んでくれ」

0:53 ロビン・ウィリアムズ登場。

昨日(2014/08/13)逝去した彼の、1年半前の様子です。


最初のゲスト登場


1:25
マット・デイモン
「ジミー、ニコール・キッドマンをこの番組に呼んだことある?」
ジミー・キンメル
「いいや」
マット・デイモン
それは残念。出演作『イノセント・ガーデン』が公開されるアカデミー賞女優、ニコール・キッドマンです!」

(ニコール・キッドマン登場)

2:11
(ジミー・キンメル、ニコール・キッドマンに近づく)
マット・デイモン
「(アンディ・ガルシアに)スタンガンを
「ところでこの番組にでたことなかったの?」
ニコール・キッドマン
だってジミー・キンメルって安っぽいもの

2人目・3人目のゲスト登場↓


マット・デイモン
「僕の他には誰と仕事がしたい?」
ニコール・キッドマン
ジミー・キンメルではないわ。ゲイリー・オールドマンね」

(ゲイリー・オールドマン登場)

1:15
ゲイリー・オールドマン
「(前回出演時の自分を指さして)これは、そっくりさんだな。私はカリフォルニアに来たのは今日が初めてだ。
マット・デイモン
「一緒に仕事したい人はいる?」
ゲイリー・オールドマン
「エイミー・アダムスかな」

(エイミー・アダムス登場)

1:50 (マット・デイモンとがっつりキス)

2:08
エイミー・アダムス
「この番組に前に出たことあるけど、こうしてまた出演するのが怖かったの。最低の出来事が起こったから。ビデオを見て」

2:25
エイミー・アダムスが前回出演したときのビデオが流れる

2:33
エイミー・アダムス
ジミーとキスした時に舌入れられたの。
マット・デイモン
「考えられない。不適切だな。」

3:25
マット・デイモン
「エイミーはアカデミー賞に4回ノミネートされたね。テレビ業界にもエミー賞というのがあるけど、、ジミーは10年間6本トークショーやってたった1度ノミネートされただけ。。」

石を投げればハリウッドセレブに当たる その1

マット・デイモン
「アンディ・ガルシアと僕は笑ってたんだけど、ジミー・キンメルはいつも『トークショーにセレブをブッキングすることの難しさ』を語ってたんだけど、まだ番組の途中だけど僕は7人も呼んじゃったよ。
「(外で待機するアンディ・ガルシアに)ここはハリウッド。石を投げればアカデミー賞女優にあたるんだよね。投げてみて」

0:57
(リース・ウィザースプーンに当たる)
1:15
マット・デイモン
「ジミー・キンメル・ライブなんだけど、出たい?」
リース・ウィザースプーン
「えーっと、、ジミーはそこにいるんだよね・・・(嫌そうに)」
マット・デイモン
「ジミーじゃなく僕がホストだよ」
リース・ウィザースプーン
「なら喜んで!」

石を投げればハリウッドセレブに当たる その2


アンディ・ガルシア
「もう一個石があります。」
マット・デイモン
「投げてみて。」

0:23
(デミ・ムーアに当たる)
0:44
マット・デイモン
「ニコール・キッドマンとゲイリー・オールドマン、エイミー・アダムス、リース・ウィザースプーンがいるんだけど、来る?」
デミ・ムーア
「(嫌そうに)ジミーはいないのよね?」
マット・デイモン
「いや実はいるんだけど、椅子に括りつけられて口に猿ぐつわされているよ。」
デミ・ムーア
「OK!」
マット・デイモン
「ジミー、デミ・ムーアを番組に呼んだことある?」
ジミー・キンメル
「いいや」
マット・デイモン
「当たり前だ。デミ・ムーアが君の番組に来るわけ無いだろう

ジミー・キンメルの元カノ登場

0:55
マット・デイモン
「次のゲストは5年間ジミー・キンメルと付き合っていました。そして2分間私と愛を分かち合いました。サラ・シルバーマンです」

(サラ・シルバーマン登場)

サラ・シルバーマンとマット・デイモンは以前、「I’m fucking Matt Damon(私、マット・デイモンとHしてるの)」というビデオを一緒につくってこの番組に送って、ジミー・キンメルに嫌がらせをしていました。

1:25
マット・デイモン
「あの時以来、久しぶりだね」
サラ・シルバーマン
「あの時ね、、。嬉しい本当に(私がプレゼントした)スーツ着てくれてるのね。
マット・デイモン
君も・・・
マット・デイモン
「サラ、ジミーと付き合っているときはどんな感じだったの?」
サラ・シルバーマン
「ほら、NYにいると道で明らかに不味いホットドック売ってるじゃない?臭いが美味しそうだからつい食べちゃうんだけど、いざ食べたら嘔吐しちゃう、そんな感じよね

2:41
マット・デイモン
「ジミーに何か言いたいことある?」
サラ・シルバーマン
別に
マット・デイモン
「サラ・シルバーマンでした!」

最後にお約束


マット・デイモン
「シェリル・クロウ、アンディ・ガルシア、ベン・アフレック、ロビン・ウィリアムズ、ニコール・キッドマン、ゲイリー・オールドマン、エイミー・アダムス、リース・ウィザースプーン、デミ・ムーア、サラ・シルバーマン、(その他VTR出演のセレブを列挙)、どうもありがとうございました!次の番組は『ナイトライン』です。」
ジミー、何か言いたいことはある?
ジミー・キンメル
「・・・」
マット・デイモン
残念。時間がありません!さようなら!


というわけで、積年コケにされたマット・デイモンの仕返しでした。