「マット・デイモンさん、すいません。時間がありません」マット・デイモンをコケにし続けるジミー・キンメル・ライブの10年史

今日はマット・デイモンが新作が発表されるたびにコケにされるアメリカのトークショーについて紹介します。といっても私はアメリカに住んでいるわけでもないのでよく知らないですし、このネタ自体は有名なのでご存じの方も多いかと思いますが、一応おさらいのためにご紹介します。

ジミー・キンメル・ライブはコメディアンのジミー・キンメルがホストを務めるトーク番組です。番組は2003年に始まって今まだ続いています。

この番組の最後にジミー・キンメルはゲストに礼を言い「マット・デイモンさん、すみません。時間オーバーになってしまいました。」と毎回言うのが恒例でした。特にマット・デイモンがゲストで呼ばれてもいないのに。(キンメル曰く「特に理由はない」そう)

そして2006年、ついにマット・デイモンがゲストに登場しました。それがこの動画です。

ジミー・キンメル
「『グット・ウィル・ハンティング』でオアカデミー賞脚本賞にノミネートされ、出演作に『リプリー』『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『ドグマ』『全ての美しい馬』『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』、ドラマ『グリーンライト』では製作者として活躍、2007年公開の『ボーン・アルティメイタム』、マーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』、ロバート・デ・ニーロ監督の『グッド・シェパード』ではCIAキャリア捜査官を演じ、最近ではマイアミの『スタック・オン・ユー』の撮影時に出会ったアルゼンチン女性のルシアナさんとの間に第一子をもうけられた、説明不要の大スター、マット・デイモンさんです!」

(マット・デイモン登場)

「お招きできて嬉しいのですが、時間オーバーになってしまいました。(前出ゲストの)ベン・スティラーさんを始めとしたゲストの皆様、ありがとうございます。皆様よい夜を。マット・デイモンさんすいません。また明日来て頂けますか」

マット・デイモン
Go F__k Yourself」(くたばれ)

その後、耳を赤くして起こるマット・デイモン。

じつはこれ、ジミー・キンメルとマット・デイモンが示し合わせたジョークです。マット・デイモンの迫真に迫る怒り方。さすが役者。

そして、その後も事あるごとにネタにされます。

ジミー・キンメル・ライブの「助手」ギレルモがボーン・アルティメイタムのパロディを

ギレルモが「エリジウム」のプロモーションの邪魔をしに
Estupido=バカ(矢印→はマット・デイモンに向け)という「映画」のプロモーションのふりをして

「ミケランジェロ・プロジェクト」では一人だけ小さな椅子に座らされ、質問を最後まで降られず、最後に質問をふられた時点で火事のサイレン

そんな、マット・デイモンもジミー・キンメルに仕返しの時がやってきます。

ジミー・キンメルに復讐するマット・デイモン withロビン・ウィリアムズ、ニコール・キッドマン、ゲイリー・オールドマン、エイミー・アダムス、リース・ウィザースプーン他

に続く。