ダウンロード (1)

【有名監督の初期作品】スタンリー・キューブリックの写真記者時代・初期短編ドキュメンタリー三部作

有名監督の初期作品のご紹介です。今回はスタンリー・キューブリック。

ニューヨークのユダヤ人家庭に生まれたキューブリックは17歳の頃に写真を雑誌「ルック」に売るほど、写真家としての才能を持っていました。

以下のルーズベルト大統領の死を悼むニューススタンド店員の写真です。

Kubrick_roosevelt_look
その後5年ほどルック誌のカメラマンとして働き以下の写真を残し、映画製作を目指します。

10365_66cm_ 008

10334_66cm_ 027

10365_66cm 003

10583_35mm 003

他にご覧になりたい方はこちらへどうぞ。

Day of the Fight(拳闘試合の日)

ルック誌で働きながら、「Day of the Fight(拳闘試合の日)」を1951年に自費制作します。ウォルター・カルティエというボクサーのドキュメンタリーです。

3900ドルの制作費で作ったこの短編は4000ドルで売れ、ルック誌を離れ、映画監督として歩んでいきます。

その後以下の2つの短編ドキュメンタリーを発表します。

Flying Padre(空飛ぶ神父)

ニューメキシコ州に400平方マイル(=約640平方キロメートル)を教区として持つ神父フレッド・スタッドミューラーに密着。飛行機に乗って、離れた信徒のもとで、神の導きの言葉を与えたり、葬式で説教をしたり、時には病気のこどものために病因への救急搬送を行います。

The Seafarers(船乗りたち)

船体や機械部、食堂や乗組員のミーティングなどのドキュメンタリー。横に流れる長いドリー・ショット(いわゆる移動撮影)を使っており、後のキューブリックの映画に多用されます。

以上の2つの短編を発表した後、「恐怖の報酬」の制作に入ります。

images

【動画】もしフォレスト・ガンプがギャングスタ映画だったら/ダークナイトがロマンティック・コメディだったら

先日に引き続き、予告編パロディネタです。
映画を全く違うテイストの予告編にしてしまおうというパロディがyoutubeにちらほらあります。

ホラー映画風「スクール・オブ・ロック」予告編


ジャック・ブラックが、「シャイニング」のジャック・ニコルソンのような感じに。

ギャングスタ映画風「フォレスト・ガンプ」 予告編


ギャングライフ、成功へのきっかけ、サグい(ワルい)生活--

ロマンチック・コメディ風「ダークナイト」予告編


ブルース・ウェインとハービー・デントとレイチェルが3角関係で、ジョーカーがレイチェルの元カレという設定です。

a3ce6a3accef6ff41af8ae7bc77a7e7c307f4a911eee06f0f351f50cf73df2b8

【動画】もしウェス・アンダーソンが「フォレスト・ガンプ」「ロード・オブ・ザ・リング」を撮ったら・・・

6/6に「グランド・ブタペスト・ホテル」が公開されるウェス・アンダーソン監督。独特のおしゃれなタッチがパロディのネタとなっているようなので、3本動画を紹介します。

もしウェス・アンダーソンが
「フォレストガンプ」を撮ったら

「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」を撮ったら

ポ◯ノを撮ったら

video-oscar-pitt-ng-custom1

[短編ビデオ]ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ゲイリー・オールドマン、ライアン・ゴズリング、ミア・ワシコウスカら13名の俳優が一人芝居のオムニバス短編「邪悪」

“Touch of Evil.(邪悪の感覚)” というニューヨーク・タイムズが2011年に作成した13の短いビデオをご紹介。(Touch of Evilといえばオーソン・ウェルズの『黒い罠』の原題でもありますが)

13のビデオには、以下の名優が出演しています。

ジェシカ・チャステイン 「ヘルプ ~こころがつなぐストーリー」「ファミリー・ツリー」「ゼロ・ダーク・サーティ」
ジョージ・クルーニー 「グッドナイト・グッドラック」「シリアナ」
キルスティン・ダンスト 「スパイダーマン」シリーズ 「マリー・アントワネット」
アデペロ・オデュイエ 「それでも夜はあける」
ライアン・ゴズリング 「ドライブ」「ブルー・バレンタイン」「LAギャングストーリー」
ジャン・デュジャルダン 「アーティスト」
ミア・ワシコウスカ 「アリス・イン・ワンダーランド」「イノセント・ガーデン」
ヴィオラ・デイヴィス 「ダウト ~あるカトリックの学校で」
ルーニー・マーラ 「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」
マイケル・シャノン 「レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで」
グレン・クローズ 「ガープの世界」「101」「危険な情事」
ブラッド・ピット 「12モンキーズ」「ファイトクラブ」
ゲイリー・オールドマン 「シド・アンド・ナンシー」「バットマン」シリーズ(クリストファー・ノーラン監督)

この短編はNYタイムス誌によって企画され、ALEX PRAGER(写真家・映画監督)によって監督されている。
ルールとしては、
①一人芝居
②声を出してはいけない(音楽は良い)
とのこと。

それでは一つ一つ見てみよう。
皆さんはどの俳優に「Evil」=邪悪さを感じたでしょう。

ジェシカ・チャステイン

ジョージ・クルーニー


『戦艦バウンティ号の叛乱』のブライ船長のコスプレですね。

キルスティン・ダンスト

アデロペ・オデュイエ

ライアン・ゴズリング

ジャン・デュジャルダン

ミア・ワシコウスカ

ヴィオラ・デイヴィス

ルーニー・マーラ


最後は、有名なあれですね。

マイケル・シャノン

グレン・クローズ

ブラッド・ピット


『イレイザーヘッド』ですね。

ゲイリー・オールドマン

というわけでお疲れ様でした。
私個人的には、ヴィオラ・デイヴィスの圧勝のような気がしますが、いかがでしょうか?

ダウンロード

[楽しみな近日公開新作映画情報まとめ]ホドロフスキー、スパイク・ジョーンズ、ウェス・アンダーソン、コーエン兄弟、ウッディ・アレン他

こんにちは名画座ファンの皆さん。名画座を取り扱う我が「今日の名画座」でも、新作をちゃんとキャッチアップしたい!ということで公開中・公開が楽しみな映画をリストアップしてみたいと思います。

公開中の映画

「アデル、ブルーは熱い色」

(4/5~)
劇場:Bunkamura ル・シネマ、バルト9他
(第66回第66回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール)
監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:アデル・エグザルホプロス、レア・セドゥ
公式サイト

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う」

(4/12~)
劇場:シネクイント、シネ・リーブル池袋他
監督:エドガー・ライト
出演:ニック・フロスト、サイモン・ペグ
公式サイト

「アクト・オブ・キリング」

公式サイト
劇場:イメージフォーラム他
製作総指揮:ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』
エロール・モリス『フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白』

1965年から66年にかけて、インドネシアで政権を巡る権力闘争を引き金とした20世紀最大規模の大虐殺が発生する。事件の真相は闇に葬られる一方、殺害を実行した者たちは罪を問われることなく、今なお英雄として平穏な日常を送っている。本作は、そんな殺人部隊のリーダーにカメラを向け、殺戮がどのように行われたかを加害者たち自身による再現で映像化し、その衝撃の真相を明らかにしていくとともに、この恐るべき行為を実行した当事者の心の内に迫っていく衝撃のドキュメンタリー。allcinema.online

これから公開

5/10~「ブルー・ジャスミン」

劇場:Bunkamuraル・シネマ、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋他
監督:ウディ・アレン
出演:ケイト・ブランシェッ卜
(アカデミー賞主演女優賞受賞)
《ウディ・アレン監督がロマコメからシリアスな作風に。監督の史上5番目のヒット作》
公式サイト

5/30~「インサイド・ルーウィン・デイビス 名もなき男の歌」

TOHOシネマズシャンテ 新宿武蔵野館他
監督・脚本 コーエン兄弟
(カンヌ映画祭グランプリ)
《60年代のNYフォークシーンを下支えしたシンガー》
公式サイト

5/31~「罪の手ざわり」

劇場:bunkamura ル・シネマにて
監督:ジャ・ジャンクー
(カンヌ映画祭脚本賞受賞)
公式サイト

6/6~「グランドブダペスト・ホテル」

劇場:シネマカリテ他
監督:ウェス・アンダーソン
出演:レア・セドゥ、
公式サイト

6/28~「her 世界でひとつの彼女」

劇場:新宿ピカデリー・シネマライズ・ヒューマントラスト有楽町ほか
監督:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、スカーレット・ヨハンソン(声の出演)
《AIとの恋愛映画》
公式サイト

6/14~「ホドロフスキーの『DUNE』」

劇場:シネマカリテ・アップリンク・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか

《撮影を前に頓挫したSF大作、アレハンドロ・ホドロフスキーの『DUNE』のドキュメンタリー》
公式サイト

7//12~「リアリティのダンス」

劇場:シネマカリテ・アップリンク ヒューマントラストシネマ有楽町ほか
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー(23年ぶりの新作!)
公式サイト