カテゴリー別アーカイブ: 未分類

francisInside

新文芸坐に行ってきた!「フランシス・ハ」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見てきたよ!

池袋新文芸坐にて《シネマ・カーテンコール》の「フランシス・ハ」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見てきた。《シネマ・カーテンコール》は明日までで、明日は「バチカンで逢いましょう」(2012・独/105分)13:15/18:00「グレート・ビューティー 追憶のローマ」(2013・伊=仏/141分/PG12)10:40/15:25/20:10 だそうです。

池袋駅から行く道すがら、ニコニコ動画の本社を発見。あれ?原宿になかったっけ。
niconico
ま、いいや。

9:55「フランシス・ハ」上映。お客さんの入りは6割位。うんゆったりできる。
「フランシス・ハ」上映後、次の「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」上映まで10分しかない!でもおなかへった!
新文芸坐に出張販売のザクーンのザクーン・ロール!がっつり頂く。

zacoon

野菜たっぷりで、生地もモチモチでメチャウマ(ステマじゃないです)

さて、「フランシス・ハ」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」の感想に入る。
奇しくも2つとも夢を追う(もう若者とも言えない年齢の)物語であり、現実と夢の間の着地点を探して彷徨う話という点で共通している。

「フランシス・ハ」

(公式サイトより)
ニューヨーク・ブルックリンで親友ソフィーとルームシェアをして、楽しい毎日を送る27歳の見習いモダンダンサー、フランシス。ところが、ダンサーとしてもなかなか芽が出ず、彼氏と別れて間もなく、ソフィーとの同居も解消となり、自分の居場所を探してニューヨーク中を転々とするはめに!さらには、故郷サクラメントへ帰省、パリへ弾丸旅行、母校の寮でバイトと、あっちこっちへ行ったり来たり。周りの友人たちが落ち着いてきていることに焦りを覚え、自分の人生を見つめ直し、もがいて壁にぶつかりながらも前向きに歩き出そうとするフランシス。不器用で大雑把だけどチャーミングな彼女の姿に、誰もが共感を覚え、心が軽やかになり、不思議なタイトル”フランシス・ハ”の意味が明らかとなるラストに胸を打たれる。

「イカとクジラ」(2005年)のノア・バウムバック監督の久々の劇場公開作品。その間にも「ベン・スティラーの人生は最悪だ!」や「マーゴット・ウェディング」など監督作があるが、いずれも日本では劇場公開されていない。「イカとクジラ」は大好きな映画だ。「フランシス・ハ」も好評なのでこれからは劇場公開してください配給会社さん。

「イカとクジラ」を見た時、なんて端正に人物を分析した映画なんだろう、精神科医が作った映画だろうか、と思った。「フランシス・ハ」はどちらかと言うとカウンセラーが優しい視線で描いた、という感じがした。本作のフランシス役を演じたグレタ・ガーウィックとバームバック監督の共同脚本のこと。

何か夢を求めて上京したものなら、フランシスのドタバタっぷりを笑いつつ、「わかるわかる」と頷くだろう。私もフランシスと同じようにフラフラっと上京し、とある夢を目指してドタバタした。上京して数年間は心の拠り所となる友達に依存してたし。(結婚して離れていったところまで同じ)加えて、あくまで想像だが、フランシスはおそらく親にお金の無心をしてる。(サクラメントに帰った時の両親が裕福そうだし、モダンダンスがそもそも裕福な家の子供特有なきがする。)「お金がない」といいつつサクッとパリへの旅行を決めてしまうあたりとかね。あぁ、身につまされる。私も親に無心をしたりした。大爆笑だったけど全然笑えねぇ。

さて、映像はモノクローム。NYの状況を美しく映し、音楽はトリュフォー作品などで知られる作曲家ジョルジュ・ドルリューの楽曲やデヴィッド・ボウイの「モダンラブ」がカラフルに彩る。大親友のルームメイト・ソフィーがアパートを出ると決めた時、フランシスが走りだした時の「モダンラブ」のポップさが忘れられない。

さて「フランシス・ハ」の「ハ」って何?というのは公式サイトでも惹句として使われる。確かにラストにフランシスがメールボックスの本名「Frances Halladay」の苗字を折り曲げて「Francis Ha」と出てくる。だけど、その奥になんの意味があるの?という感じだ。バームバック監督のインタビューによると、「1980年代にジェシカ・ラング主演の同名タイトルの映画があったから、できればオリジナルのタイトルをつけたいと思っていたんだ。いずれにせよ、名前をタイトルに入れ込みたいとずっと考えていて。イニシャルでもラストネームでもよかったんだけど、映画の最後で偶然こういうタイトルにしよう、と決まったんだ。」とのこと。

「Francis ha」の意味を勝手に提案してみる。「ha」というのはまぁ笑い声として日本語と英語共通している。特に映画で「Ha!」というと、嘲笑的であったりする。だから「フランシス(笑)」「おかしなフランシス」みたいなニュアンスで捉えたらどうだろう、などと思った。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」

(公式サイトより)
物語の舞台はまだマスコミやレコード会社などが発達していなかった1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスは、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る。ジャズ・ミュージシャン、ローランドとの悪夢のようなドライブ、歌への信念を曲げれば成功するかもしれなかった有名プロデューサーのオーディション、年老いた父との再会の末、とうとう歌をやめて父と同じ船員に戻ろうと決意するが、それさえもうまくいかない。旅から戻りあらゆることに苦しめられ打ち拉がれたルーウィンはまたNYのライブハウスにいた。歌い終えたルーウィンがふとステージに目をやると、そこにはやがてフォークの世界を大きく変えることになる無造作な身なりの若者、ボブ・ディランらしきシンガーの姿が。同じような日々がまた回り始めたかのようにみえるルーウィンの人生。しかしその外側で、彼の想いを受け継いだかのように、新しい時代がすぐそこまでやってきていた……。

これは、男版夢追い物語だ。また時代の徒花となった男の話でもある。ガスライトカフェで、「金の匂いがしない」フォークイベントで、ルーウィンの後に歌った男がボブ・ディランそっくりの歌い方だ。この映画はボブ・ディランが憧れた伝説のフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録をベースに兄弟が翻案したものだ。ボブ・ディランのように脚光を浴びる人の周りにはこういう人がいっぱいいたのだろう。

そして、ジョン・グッドマンが登場して、自分勝手なボタンの掛け違えトークが始まるととたんに「コーエン兄弟の映画だ」と想い出させられる。

とにかく話しの作りに唸る。主人公の成長のメタファーとしても、話を転がす役としても活躍する猫のユリシーズ。初っ端と最後が全く同じで、同じように人生が繰り返すことを示唆しつつ、ユリシーズを家から出さなかったルーウィン。

余談:ジャスティン・ティンバーレイクのソロ以降の活躍が目覚ましい。ソロアルバム「ジャスティファイド」から、一貫して素晴らしいアルバムを出しているし、こと映画進出に関して言えば、デヴィッド・フィンチャー「ソーシャルネットワーク」、アンドリュー・ニコル「タイム」、クリント・イーストウッドと共演した「人生の特等席」、コーエン兄弟「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」と誉れ高いキャスティングに恵まれている。マドンナにしてもマライア・キャリーにしても、映画進出するアイドルや歌手は必ずラジー賞にノミネートされるのだが、特に男性アーティストで歌手活動と平行してここまで渋くフィルモグラフィーを重ねているのは本当にすごい。フレッシュ・プリンスことウィル・スミスはいい映画に出ることもあるけど、ラッパー活動してないしね。

総評として「フランシス・ハ」は感情的に満たしてくれる映画で「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」は端正なフォルムで理性的に満たしてくれる映画のような気がした。

a3ce6a3accef6ff41af8ae7bc77a7e7c307f4a911eee06f0f351f50cf73df2b8

【動画】もしウェス・アンダーソンが「フォレスト・ガンプ」「ロード・オブ・ザ・リング」を撮ったら・・・

6/6に「グランド・ブタペスト・ホテル」が公開されるウェス・アンダーソン監督。独特のおしゃれなタッチがパロディのネタとなっているようなので、3本動画を紹介します。

もしウェス・アンダーソンが
「フォレストガンプ」を撮ったら

「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」を撮ったら

ポ◯ノを撮ったら

video-oscar-pitt-ng-custom1

[短編ビデオ]ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ゲイリー・オールドマン、ライアン・ゴズリング、ミア・ワシコウスカら13名の俳優が一人芝居のオムニバス短編「邪悪」

“Touch of Evil.(邪悪の感覚)” というニューヨーク・タイムズが2011年に作成した13の短いビデオをご紹介。(Touch of Evilといえばオーソン・ウェルズの『黒い罠』の原題でもありますが)

13のビデオには、以下の名優が出演しています。

ジェシカ・チャステイン 「ヘルプ ~こころがつなぐストーリー」「ファミリー・ツリー」「ゼロ・ダーク・サーティ」
ジョージ・クルーニー 「グッドナイト・グッドラック」「シリアナ」
キルスティン・ダンスト 「スパイダーマン」シリーズ 「マリー・アントワネット」
アデペロ・オデュイエ 「それでも夜はあける」
ライアン・ゴズリング 「ドライブ」「ブルー・バレンタイン」「LAギャングストーリー」
ジャン・デュジャルダン 「アーティスト」
ミア・ワシコウスカ 「アリス・イン・ワンダーランド」「イノセント・ガーデン」
ヴィオラ・デイヴィス 「ダウト ~あるカトリックの学校で」
ルーニー・マーラ 「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」
マイケル・シャノン 「レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで」
グレン・クローズ 「ガープの世界」「101」「危険な情事」
ブラッド・ピット 「12モンキーズ」「ファイトクラブ」
ゲイリー・オールドマン 「シド・アンド・ナンシー」「バットマン」シリーズ(クリストファー・ノーラン監督)

この短編はNYタイムス誌によって企画され、ALEX PRAGER(写真家・映画監督)によって監督されている。
ルールとしては、
①一人芝居
②声を出してはいけない(音楽は良い)
とのこと。

それでは一つ一つ見てみよう。
皆さんはどの俳優に「Evil」=邪悪さを感じたでしょう。

ジェシカ・チャステイン

ジョージ・クルーニー


『戦艦バウンティ号の叛乱』のブライ船長のコスプレですね。

キルスティン・ダンスト

アデロペ・オデュイエ

ライアン・ゴズリング

ジャン・デュジャルダン

ミア・ワシコウスカ

ヴィオラ・デイヴィス

ルーニー・マーラ


最後は、有名なあれですね。

マイケル・シャノン

グレン・クローズ

ブラッド・ピット


『イレイザーヘッド』ですね。

ゲイリー・オールドマン

というわけでお疲れ様でした。
私個人的には、ヴィオラ・デイヴィスの圧勝のような気がしますが、いかがでしょうか?

Philip Seymour Hoffman @ magnolia

フィリップ・シーモア・ホフマン 追悼

フィリップ・シーモア・ホフマンがヘロインのオーバードーズで2014年2月2日に亡くなった。
今日は2014年4月7日なのでそろそろ49日も超えただろうか。
以下に書いたのは、私の別ブログで書いたものの転載だ。加筆修正をしてこちらに載せようと思う。

 私が映画をたくさん見るようになったのは、大学のころ映画館のバイトを始めた1999年くらいから。ちょうどマグノリア公開の頃だ。マグノリアを見て、「アメリカにも生きづらさを感じている『ダメなぼくたち・わたしたち』がいるんだ」とユニバーサルな感覚を覚えた。映画は浮世離れしたものを描くだけでなく、国境を超えて生活感をともにできるものなんだ、と感動した。その頃は枕詞のように、「自分はダメ人間だから」と言っていたような気がする。今思うと麻疹のような若年性『自己卑下』病でしかないんだが、そんな「ダメな僕ら」を体現してくれる俳優の一人が、PSHだった。でもそういう俳優は他にもいた。ポール・ジアマッティとか、ジョン・グッドマンとか。

 しかしPSHは、coolな悪役や恰幅のいい神父まで演じるようになった。『マグノリア』や『ブギーナイツ』や『ハードエイト』を死ぬほど見ていた僕にとって、2006年のPSHの『カポーティ』(2005)でアカデミー賞受賞し『mi:3』(2006)でトム・クルーズを痛めつける悪役を演じて「ついに来たか」と得も言われぬ気持ちにさせた。uncoolなだけじゃない俳優。それがずーっと僕がフィリップ・シーモア・ホフマンが好きなところだ。

 以下、私にとって印象深い映画のシーンを翻訳して字幕をつけてみた。これを見るとPSHはuncoolなだけじゃないことがよく分かるビデオグラフィになってると思う(と言ってもたかが5本だけど)。

 『ブギーナイツ』(1997)では、ポルノスターの主人公ダーク・ディグラー(マーク・ウォールバーグ)の周りでうろちょろしている撮影助手のゲイのフレディを演じていた。酔っ払っていきなりキスをしてふられます。

 『マグノリア』(1999)では病床にいる老人(アール・パートリッジ)に、疎遠になった息子・フランク・TJ・マッキー(トム・クルーズ)を引き合わせる優しい看護師を演じている。フランク・TJ・マッキーは男性向け恋愛自己啓発会の主催者で、「Seduce and Destroy(女性を誘惑して破壊しろ)」という過激なタイトルのプログラムをDVD、カセットテープに吹き込んで電話で通販している。通販専用の電話からトップのフランクにたどり着くために必死。

 
 さて、(主人公にとっての)悪役でも力を発揮する。映画『リプリー』(1999年)は「太陽がいっぱい」の原作の最映画化。トム・リプリー(マット・デイモン)はディッキー・グリーンリーフ(ジュード・ロウ)を殺して、ディッキーになりすましている。リプリーは貧しいという背景もありながらも、とりあえず憎むべき殺人犯のはずなんだが、↓のクリップを見ているとPSHがかなりキツく追い詰めるのでリプリーが可哀想に思えてくる不思議さ。

 そして『カポーティ』(2005)。PSHがアカデミー賞主演男優賞を受賞した映画。
実在の人物トルーマン・カポーティが書いた「In cold blood」という小説は事実に基づいていて、実在の殺人犯に取材をして書き上げている。取材者と死刑囚の間に友情が芽生える傍らで、取材という名の搾取の疑念も浮かんでくる。そんなシーン。

最後に『mi:3』(2006)。これは映画のタイトルバックの前のいわゆるアヴァンタイトルだが、PSHが10秒数える間にトム・クルーズが色んな感情をかき回されているのがとても痛快。僕はトム・クルーズも好きなのでこのシーンは何度もみてしまう。

とりあえず、印象に残ったものをほぼ1日かけて翻訳した。

フィリップ・シーモア・ホフマン、これからポール・トーマス・アンダーソンの映画に出られないとなるとこれほどまでにげんなりすることはないです。時折天国から友情出演してくれるなら、NYでもカリフォルニアでも会いに行きます。そして、いつか近い将来、お墓参りに参じますので、その時お話ができたら嬉しいです。同時代を生きた映画人の中で最も好きな俳優だったあなたがなくなってとても悲しいですが、同時に素敵な映画の記憶をくださってありがとうございました。

以上

nuovo_cinema_paradiso_4

名画座は「今日」見るべし

こんにちは。

今日からブログをつけようと思います。

まずは、なぜ「今日の名画座」を作ったのか、その意味を書いてみます。

今日見るのやめよう、の悪循環を断つ

特に名画座が好きな映画ファンによくありがちな、パターンは(例えばの話ですが)
「今日は休みだ。名画座では何をやっているかな。」
   ↓
「オーディトリウム渋谷で私の好きな『アキ・カウリスマキ特集』がやっている」
   ↓
「でも、見たいのは今日やってる『コントラクト・キラー』や『愛しのタチアナ』や      『ラヴィ・ド・ボエーム』とかじゃなくて、明日にやる『マッチ工場の少女』なんだよなー」
   ↓
「今日やめて明日見よう」

【次の日】
「お、そういえばシネマヴェーラ渋谷で『ナチスと映画』特集がやっているわ」
   ↓
「『マッチ工場の少女』より『愛の嵐』が見たい。『愛の嵐』は明後日だ」
   ↓
「今日やめて明後日見よう」

この悪循環で、見逃した映画って多くないですか?
名画座は、あくまで歴史に残る良い映画を選んでかけています。
都内では12箇所ほど常設の名画座があり、バラエティに富んだ名作がかかっています。
その日掛かっている映画のリストの中で見たい映画は大体見て損のない映画です(経験則ですが)。
今日映画が見られるなら、今日見るのが正しいと思います。
だから、あまり目移りしないように今日の名画座のみをリスト化しました。

まず、安いしね。

名画座は映画館によってまちまちですが、2本で1300円とか、1本で900円とかが多いです。新橋文化劇場は2本で900円(入れ替えなしです)。
今日の名画座でなんとなくピックアップして見た映画がハズレでもまぁいいじゃないですか。あらたなるジャンルに挑戦するいいきっかけですよ。

というわけで、パッと見て今日どこで何がやっているのかすぐに分かるようなリストにしてあります。